ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『ホステル』拷問ホラー

ホステルスクリーンショット

ホステル 原題『Hostel』


バックパッカーをしながらヨーロッパ各地を旅行している大学生パクストンとジョッシュ。ある時、とある田舎町に男たちの求める快楽をすべて提供する<ホステル>があるとの噂を耳にする。

早速そこへ向かった彼らは、その<ホステル>にたどり着き、期待以上の夢心地のひとときを過ごすのだが・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2005年 制作国:アメリカ 監督イーライ・ロス 出演ジェイ・ヘルナンデス デレク・リチャードソン エイゾール・グジョンソン 時間:94分 映倫:R-18
★★★★☆
東欧へやってきたアメリカ人大学生。女遊びができると聞きつけ訪れたホステルで羽目を外し、気がついた時には…。という流れ。映画前半は目を見開くようにオパイを堪能し、後半は目を塞ぎたくなるようなグロを見る。すごく単純なんだけど、東欧の雰囲気なんかと相まって、ものすごい狂気を感じる。視覚的なグロさはもちろんだが、それ以上に“拷問”ということもあって為す術もなく登場人物が「ぎゃあ」とか「う゛ぁぁあ」って叫ぶ。そういう精神的ホラーの一面もあるのよね。目をバーナーで…。うあああ。おすすめ。

[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル2』

ホステル2スクリーンショット

ホステル2 原題『Hostel: Part II』


ローマに留学しているアメリカ人女子大生ベス、ホイットニー、ローナの3人は旅行を計画しプラハへ向かう。しかし、行きの列車の中で天然のスパの情報を聞きスロバキアへ行くことにする。

街のホステルに到着した3人はその日の夜、収穫祭に参加したもののローナが男性に誘われボートに乗り込んでしまう。翌朝になってもローナは帰ってこない。3人は自分達がホステルへ到着した時点でオークションにかけられていることなど知るはずもなかった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督イーライ・ロス 出演:ローレン・ジャーマン ロジャー・バート
ビジュー・フィリップス 時間:95分 映倫:R-18
★★★☆☆
今回はアメリカ人女子学生3人が餌食となる。前作の“拷問の場を提供するビジネス”を、組織の側からも描いているのが特徴。その分、目に見えないところへの恐怖というのは無くなった。今作もゴア表現はあれど、パワーアップはしていない。相変わらず痛々しいけど。純粋なスプラッターではなく、ミステリー要素も盛り込んだ感じ。シリーズの1作ではなく、また別のB級映画として考えると、わりとアリかも。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル3』

ホステル3スクリーンショット

ホステル3 原題『Hostel: Part III』


主人公の結婚前の“独身さよならパーティ”として、カーターら男友達4人はラスベガスで落ち合う。 彼らがギャンブルを楽しんでいる最中、セクシーな女性2人に誘われ、カーターら4人は現地のタクシーで、あるプライベート・パーティに参加する。

パーティで行方不明になったマイクに会うためホステルへ向かうと拉致されたどり着いた先が、人が人を拷問し殺すことが出来る、会員制の“エリート・ハンティング・クラブ”だったー。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国:アメリカ 監督:スコット・スピーゲル 出演キップ・パルデュー ブライアン・ハリセイ
ジョン・ヘンズリー 時間:88分 映倫:R-18
★★☆☆☆
映画全体の作りや雰囲気が大きく変わった。今回はラスベガスにやって来た青年達がターゲットとなる。まあとにかく色々と安っぽい。怖くもない。残虐性、暴力描写が強烈になるかと期待したが、そんなこともない。後半はアクション映画のようで、なおかつ予想外の展開があったりと、これはあの「ホステル」の続編なのか?と、何を見ているのかわからなくなるような内容。でも意外とラストはすっきり。おすすめはしない。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『道化死てるぜ!』ピエロの復讐

道化死てるぜ!スクリーンショット

道化死てるぜ! 原題『STITCHES』

リチャード・グリンドルは、ワンパターンで退屈な、子供たちの誕生日パーティーでの道化師仕事にうんざりしていた。今日も、トミー少年とやらの誕生日パーティーのお仕事だ。

道化師のつまらない芸に、落ち着きのない子供たちは芸の邪魔をして大喜び。子供たちのいたずらはエスカレートし、それが原因で道化師は不慮の事故で絶命してしまう。

6年後。彼らは成長し、反抗的な少年たちに育っていた。あの忌まわしい事故以来となる、トミーの16歳の誕生パーティーを準備中だ。 パーティーが始まり、唯一の招かれざる客、道化師グリンドルが姿を現す。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2012年 制作国:アイルランド 監督:コナー・マクマーン 出演:ロス・ノーブル トミー・ナイト ジェマ・デヴェロー 時間:86分 映倫:R-18
★★☆☆☆
悪ガキに誤って殺されてしまったピエロが、生き返って復讐するお話。
R指定だしスプラッター目当てで観たんだけど、何というかただただ汚い。ピエロのキャラを生かした殺し方はサイコキラーの中では個性的でバラエティ豊かだけど、特に目新しいものでもなく拍子抜け。変に期待しすぎたかな。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『武器人間』R-15

武器人間スクリーンショット

武器人間 原題『Frankenstein's Army』


1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。

やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。

その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:オランダ アメリカ 監督:リチャード・ラーフォースト 出演カレル・ローデン ジョシュア・ザッセ ロバート・グウィリム 時間:84分 映倫:R-18
★★★★☆
第二次大戦末期にソ連偵察部隊が記録した恐るべきナチスの実験という設定で、一応全編POV方式、モキュメンタリーの部類になるのかな。序盤からなんとも不気味だけど、それゆえのワクワク感で意外とすんなり入り込めた。
実験施設内は狂気に満ちていてもうホントに正気の沙汰じゃない。
CGに頼らない“武器人間”たちの造形は、若干安っぽさを感じるが逆にそれが雰囲気を引き立てているというか、80年代のゾンビ映画が妙にリアルに思える感覚とよく似ている。逃げ場の限られた狭い通路で殺す気満々に襲ってくる武器人間たちは恐すぎて背筋が凍りつくレベル。B級映画だけど、この手のジャンルにしては完成度の高い一作だった。

[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『NY心霊捜査官』

NY心霊捜査官PDVD_002_20150828163524a23.jpg

NY心霊捜査官 原題「Deliver Us from Evil」

ニューヨーク市警のラルフ(エリック・バナ)は、何かにとりつかれたかのように不可解な事件を起こした男女を逮捕する。

全く別物に思われた複数の事件の捜査を通し、彼は自分にしか見えない、自分にしか聞こえない何者かの存在を感じていた。

それぞれの現場に残された謎の言葉を見つけ事件が悪霊の仕業であると気付いたとき、ラルフの家族にも魔の手が迫り……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督スコット・デリクソン 出演エリック・バナ エドガー・ラミレス オリヴィア・マン 時間:118分 映倫:R-18
★★★★☆
実在する元NY市警巡査部長のラルフ・サーキが書いた手記を原作とした映画。
日本でこういう悪魔や悪魔祓い(エクソシスト)の話は馴染みがないが、本作は宗教がらみの“難しい話”は無く、主人公サーキを中心に起こる超常現象を基に、わかりやすいストーリー展開、それでいて中々見応えのある内容に仕上げている。ジェリー・ブラッカイマー制作だが原作が原作なので、娯楽色は強くない。悪魔祓いのシーンは見もの。
ラルフ・サーキ氏 ドキュメンタリー映像
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『V/H/Sネクストレベル』良い子は厳禁ホラーオムニバス!R-18 第2弾

entry_img_194.jpg

V/H/Sネクストレベル 原題「V/H/S 2」

2013年 アメリカ


監督 サイモン・バレット ほか本文参照
出演 ローレンス・マイケル・レヴィン ケルシー・アボット


失踪した青年を探すよう、母親から依頼を受けた私立探偵の男と助手の女。
彼らは調査のために、青年が滞在していたという古い一軒家に忍び込む。するとそこには、大量のビデオテープと血痕が・・・。

戸惑いつつも手がかりを求めて、女はテープを再生し始めるのだが、そこに写っていたのは、想像を絶する恐るべき映像だった...

Amazon.co.jpより

映画『V/H/Sネクストレベル』良い子は厳禁ホラーオムニバス!R-18 第2弾 のレビューを読む
[ comment(4) │  trackback(0) ]

映画『V/H/S シンドローム』良い子は厳禁ホラーオムニバス!R-18

entry_img_181.jpg

V/H/S シンドローム 原題「V/H/S」

2012年 アメリカ


監督 アダム・ウィンガード
出演 カルヴィン・リーダー レイン・ヒューズ ケンタッカー・オードリー


とある古めかしい屋敷に侵入し、1本のビデオテープを盗み出してほしいという依頼を引き受けた、ゲイリー、ザック、ロックス、ブラッドの不良4人組。

屋敷に忍び込んだ彼らの目に飛び込んできたのは、おびただしい数のVHSテープとその傍らにある死体だった。困惑しながらも報酬のために、膨大なビデオテープをかたっぱしから再生して指定のVHSを捜そうとするゲイリーたち。

だが、それらには想像や人知を超えた恐ろしい映像が収められており、さらに再生するたびに仲間が一人ずつ姿を消していき……。

シネマトゥデイより

映画『V/H/S シンドローム』良い子は厳禁ホラーオムニバス!R-18 のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』

entry_img_171.jpg

悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲 原題「Texas Chainsaw 3D」

2013 アメリカ


監督 ジョン・ラッセンホップ
出演 アレクサンドラ・ダダリオ スコット・イーストウッド ダン・イェーガー


1作目のラストで命からがら逃げ出したサリーの証言で悪事が明るみになったソーヤー一家は、自警団の手で皆殺しにされた。

唯一生き残った赤ん坊ヘザーは自警団の夫婦に助け出された。時は経ち、成人になったヘザーの元に祖母が亡くなったとの知らせが届く。

そして祖母が生前住んでいたとされる洋館に友人たちとともに向かうが、そこには死んだはずのレザーフェイスの魔手が伸びていた。

Wikipediaより

映画『悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』 のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『スマイリー』  期待されすぎたニューフェイス?

スマイリー

スマイリー 原題「SMILEY」

2012年 アメリカ

監督 マイケル・J・ギャラガー
出演 ケイトリン・ジェラード メラニー・パパリア シェーン・ドーソン

親元を離れ、新しい大学に通い始めたアシェリーは、インターネットのチャット上で「あるワード」を3回タイプすると呼び出すことができるという、 おぞましい肉仮面の殺人鬼“スマイリー"の都市伝説を知る。

彼女は同居人のプロキシとその伝説を確かめることに。すると、チャット相手の男の元に“スマイリー"が現れ惨殺するところを目撃してしまう。

そして同様に伝説を試し“スマイリー"を呼び出してしまったクラスメイトのゼインは姿を消してしまう。 やがてアシェリーは想像し得なかった恐ろしいまでの真実に直面する…。

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック  ※ネタバレあり!!
映画『スマイリー』  期待されすぎたニューフェイス? のレビューを読む
[ comment(6) │  trackback(0) ]