ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『ファーナス/訣別の朝』

ファーナス/訣別の朝スクリーンショット

ファーナス/訣別の朝 原題『Out of the Furnace』


ペンシルバニアの田舎町ブラドックは、ファーナスから昇る白煙が常にたちこめていた。

ラッセルはこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働く日々を過ごす。

イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟ロドニーのことは心配だが、貧しいながらも恋人リナとのひと時にささやかな幸福を見出していた。

しかしある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:アメリカ 監督スコット・クーパー 出演クリスチャン・ベール ウディ・ハレルソン ケイシー・アフレック 時間:116分 映倫:PG-12
★★★☆☆
暗い雰囲気に加え、なんともやるせない気持ちになる映画。復讐がひとつの目的であるが、それメインというわけではなく、一人の人間に巻き起こる悲劇と葛藤を描いた作品といった感じ。豪華キャストで、脇を固めるウィレム・デフォーやフォレスト・ウィテカーが映画を渋く飾っている。シリアスで序盤から中盤まではちょっと退屈してしまうが、登場人物の素性がある程度わかってきたころに面白くなってくる内容。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ザ・シューター/極大射程』

ザ・シューター/極大射程スクリーンショット

ザ・シューター/極大射程 原題『Shooter』

アフリカのエリトリアで偵察任務に就いていた米海兵隊の敏腕狙撃手ボブ・リー・スワガー。だが、その攻防で援軍に見捨てられ、相棒のドニーが命を落としてしまう。3年後、スワガーは一線を退き、愛犬サムとワイオミングの山中で隠遁生活を送っていた。

そんなある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領に対して暗殺計画が浮上し、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請されるのだった。やがて、その都市をフィラデルフィアに絞り、現場で監視にあたるスワガーだったが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 制作ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 出演マーク・ウォールバーグ マイケル・ペーニャ ダニー・グローヴァー 時間:124分 映倫:PG-12
★★★★☆
大使暗殺の濡れ衣を着せられた元海兵隊スナイパーが、陰謀を暴くべく奮闘するお話。アクション映画として完成度が高く、アクション好きのツボをしっかり押さえている。目的に対して試行錯誤する、調査を進めるというストーリーはありがちかもしれないが、本作のみどころはその見せ方。登場する銃器や兵器、警察車両へのこだわり、そしてなにより映像が綺麗。そこから生み出されるリアリティやハードボイルドな雰囲気。これこそアントワーン・フークアの得意技といったところ。アクション映画好きには是非とも見てもらいたい一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『クライム・ヒート』

クライムヒートスクリーンショット

クライム・ヒート 原題『The Drop』


ブルックリンでバーを装ってマフィアの金を預かる“闇銀行"を営むボブとマーヴ。ある日、2人の仮面をかぶった強盗が店を襲い、絶対に奪われてはいけない大金が盗まれてしまう。

街で最も危険なマフィアに、金を取り返すように命じられた彼らは、ダークサイドへと足を踏み入れていくが……。

金を奪ったのは誰なのか? 身の危険が迫る中、彼らが下した決断とは!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督ミヒャエル・R・ロスカム 出演トム・ハーディ ノオミ・ラパス ジェームズ・ガンドルフィーニ 時間:106分
★★★★☆
汚い金をめぐるクライム・サスペンス。ものすごく淡々とした雰囲気の映画。トム・ハーディ演じる主人公ボブは物静かなバーテンダーなんだけど、何か恐ろしい一面を秘めているかのようなオーラがたまらなく渋い。映画としての完成度は高く、伏線であったり、ひとつひとつの演出にこだわりを感じる。なんとなくモヤモヤしながらストーリーが進みラストでパズルの最後のピースがハマる感覚が良い。個人的には好きだけど、万人にウケるような内容じゃない。この手のジャンルが好きな人におすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『エンジェル 哀しき復讐者』

エンジェル 哀しき復讐者スクリーンショット

エンジェル 哀しき復讐者 原題『Wicked Blood』


チェスが得意な少女ハナは、犯罪が横行する田舎町で、姉アンバーと叔父ドニーと暮らしている。ドニーはドラッグで身を持ち崩し、この町を牛耳る犯罪組織のボス、フランクに雇われ覚醒剤の密造を行うも、連邦捜査官に目をつけられていた。

ドニーが逮捕され家族が離散することを恐れたハナは、少しでも収入を得ようと、ドラッグの運び屋としてフランクの下で働き始める。知恵をつけたハナはやがて、ドラッグをビタミン剤でかさ増しし、売上金を着服していった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督:マーク・ヤング 出演アビゲイル・ブレスリン ショーン・ビーン ジェームズ・ピュアフォイ 時間:92分
★★★☆☆
しっとりとしたクライムサスペンス。登場人物が少なくこじんまりとした雰囲気であるが、ストーリーはそこそこ面白みがあって、キャストも程良い。何というかちょうど良いボリュームとスケール感。このジャンルが好きな人におすすめの掘り出し物的な一作
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ハード・パニッシャー』復讐モノ

ハード・パニッシャースクリーンショット

ハードパニッシャー 原題『VENDETTA』

イギリス軍特殊部隊に所属する兵士ジミー・ヴィッカーズの元に突然、両親が死んだという知らせが届く。アフガニスタンから急遽帰国した彼は、両親が生きたまま火を付けられ惨殺されたことを知り、激しいショックを受ける。きっかけは、彼の父が路上で強盗に襲われている女性を助けたこと。そのせいで、無軌道なギャング団に逆恨みされ母とともに悲惨な最期を遂げたのだった。

そのこと知ったジミーは、警察の力を借りず自らの手で犯人グループを断罪することを決意する。
軍で鍛えぬかれた鋼の肉体と冷徹な頭脳を持つ究極の処刑人として、ジミーの容赦なき復讐劇が幕を開ける! !

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:イギリス 監督:スティーヴン・レイノルズ 出演ダニー・ダイア ジョセフ・アルティン 
ロクサンヌ・マッキー 時間:106分
★★★★☆
復讐モノ。両親を殺された主人公が、ギャングらに復讐するお話。情報を集め、武器を調達し、惨殺するというお決まりの流れ。それがわかりきっているからこそ面白い。こういう時に邪魔となっていまう警察組織を空気にするのではなく、捜査の責任者を半ば悪者という設定にして、とにかく主人公頑張れという状況にしているのはグッド。ハッピーエンドではないし、主人公もあまり魅力的な感じではないけど、全体を通して面白いか面白くないかと聞かれたら、面白かったと思う。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ザ・ガンマン』

タイトルスクリーンショット

ザ・ガンマン 原題『The Gunman』

アフリカ・コンゴ共和国。鉱山の利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加した元特殊部隊最強の暗殺者ジム・テリア(ショーン・ペン)。しかし完璧な狙撃で任務を遂行後、愛する恋人も何もかも捨て表舞台から姿を消し、血塗られた過去を贖うようにひっそりと生きていた。

それから数年後のある日、ジムは突然武装した男たちに襲撃される。やがて暗殺作戦に参加したかつての仲間が次々と殺されていることを知ったジムは、自分を襲った敵が何者なのかを突き止めるため、そして自ら生き残るために、過去と向き合い、再び銃を取る――。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ イギリス フランス 監督ピエール・モレル 出演ショーン・ペン ジャスミン・トリンカ ハビエル・バルデム 時間:115分
★★★☆☆
硬派なアクション映画といった感じで、シリアスなストーリーとショーン・ペンがよく似合うが、どこか面白みに欠けた。妙に複雑な設定が、娯楽映画の「気楽さ」を与えてくれないし、ユーモアもないので、しかめっ面でじーっとみる羽目になる。ピエール・モエル監督だったので期待したが、なんとも無難なアクション映画に仕上がっていた。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『トレーニングデイ』

トレーニングデイスクリーンショット

トレーニングデイ 原題『Training Day』


ロス市警(LAPD)の麻薬取締課に配属された新人刑事ジェイク(イーサン・ホーク)は、ベテラン捜査官アロンゾ(デンゼル・ワシントン)と組むことになったのだが、「狼を倒せるのは狼だけ」=悪を倒すには悪になる必要があるというアロンゾに、正義感の強いジェイクは次第に不信感を募らせていく。

一方アロンゾにはある計画があった。

wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2001年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 出演デンゼル・ワシントン イーサン・ホーク エヴァ・メンデス 時間:120分
★★★★☆
シリアスでリアリティのあるストーリーながらも、ハラハラドキドキという娯楽としての面白みも兼ね備えている。アントワーン・フークア監督が作り出す渋めの雰囲気に、デンゼル・ワシントン演じる悪徳警官の汚さが映える。要所の緊張感が素晴らしく、ドッキドキしながら見るようなシーンが多々あるが、登場人物の直接的な「あれをしろ」「これをしろ」という指示の描写が欠けているため、若干解釈に悩むシーンもある。デンゼル・ワシントンが注目されがちだけど、イーサン・ホークいてこその映画。個人的に好きなのが、デンゼル・ワシントンがおしり撃たれてマザーファッカー言ってる時の動き。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『リプレイスメント・キラー』

リプレイスメント・キラースクリーンショット

リプレイスメント・キラー 原題『The Replacement Killers』


チャイニーズ・マフィアのボス、ウェイの手に家族の運命を握られているジョンは、命じられるままに暗殺を繰り返していた。

ある日、組織から幼い子どもの殺害を命じられたジョンは、余りにも非常な手口に怒りを覚え、組織との闘いを決意する・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1998年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 出演チョウ・ユンファ ミラ・ソルヴィノ マイケル・ルーカー 時間:87分
★★★☆☆
監督こそアントワーン・フークアだが、本作はジョン・ウー色がかなり強く、ジョン・ウー映画と言っても過言ではないほど、そういった演出が多い。スローモーションとかね。ストーリーは凝ったものではなく、淡々と、ただひたすらに銃撃戦が繰り広げられる。アクションシーンの仕上がりは良く、銃器の描写、火薬の匂いが漂うような演出はさすがとしかいいようがない。雰囲気は渋めだけど、銃器が好き、銃撃戦が好きな人にはおすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『セイント』

セイントスクリーンショット

セイント 原題『The Saint』

香港の孤児院で育てられたジョン・ロッシは、後にサイモン・テンプラーと名乗り、得意の変装術とハイテク装備を駆使する怪盗となった。

ある日、サイモンはロシアの石油王イワン・トレティアックの金庫からマイクロチップを盗み出すが、イワンの息子イリヤに追われ、命からがら盗みを達成する。数日後、イワンと取引することになったサイモンだったが、当日彼から新たな盗みを依頼される。それは低温核融合の方程式を、科学者エマ・ラッセル博士から盗み出すというものだった。

渋々承諾したサイモンは、エマに接触を図るが、次第に彼女に惹かれていってしまう。

Wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1997年 制作国:アメリカ 監督フィリップ・ノイス 出演ヴァル・キルマー エリザベス・シュー 
ラデ・シェルベッジア 時間:116分
★★★★☆
『HEAT』('95)などのヴァル・キルマー主演のアクションサスペンス。核融合技術をめぐって起こるいざこざを描いたおはなし。隠れた名作という言葉に偽りはなく、久しぶりに映画らしい映画を見たなと言える、そんな内容。ストーリーの面白さと、見ていて楽しいという娯楽要素を兼ね備え、ラストもすっきり終わるタイプの映画である。特に中盤からが面白く、エリザベス・シュー演じるエマとのラブロマンスがまた良い。ロシアのちょっと重たい雰囲気がネックだが、それでも十分楽しめる映画。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ラン・オールナイト』

ラン・オールナイトスクリーンショット

ラン・オールナイト 原題『Run All Night』

殺し屋として闇の世界に生きるジミー(リーアム・ニーソン)は、仕事のために家族を捨て、一人息子のマイクとも疎遠になっていた。

しかし、ある日、殺人現場を目撃して殺されそうになっていたマイクを救うため、NYを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーを射殺してしまう。ボスのショーン(エド・ハリス)とは固い絆で結ばれた30年来の親友だったが、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミーに宣告する。

「お前の息子を殺して、お前も殺す」と。朝が来る前にジミーを葬ろうと、ニューヨークは今、街中が敵となった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督ジャウマ・コレット=セラ 出演リーアム・ニーソン ジョエル・キナマン エド・ハリス 時間:114分 映倫:R-15
★★★★☆
友人の復讐から逃れるべく、な逃走劇。気になるリーアム・ニーソンは“逃げる側”である。
リーアムがもちろん主人公なんだけど、息子の復讐を果たすべく追ってくるエド・ハリス側も同情できる面があったりして、ちょっと感情移入がし辛い。『96時間』のように善と悪がはっきりしていれば当然ながら主人公がんばれ!ってなるけど、本作はその単純さに欠ける。しかし内容自体は骨太なアクション映画といった感じで、銃撃戦もあればカーチェイスもあるし、文字どおりのノンストップアクション。なおかつ人間模様もよく描けている。スッキリしたラストでは無いが、純粋に楽しめた。おすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]