ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『デイブレイカー』

デイブレイカースクリーンショット

デイブレイカー 原題『Daybreakers』


西暦2019年。世界中を襲った疫病により、人類の大半はヴァンパイアへと変貌していた。

そんなヴァンパイア達に、食料供給源である旧来の人間が減少し血液の枯渇という深刻な問題が持ち上がる。

血液研究者のエドワードは絶滅寸前の人間を救うため、代用血液の開発を急いでいた。一方、レジスタンス組織のコーマックは逃亡中の人間達の保護活動を行っていたが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2010年 制作国:アメリカ オーストラリア 監督マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演イーサン・ホーク ウィレム・デフォー サム・ニール 時間:98分 映倫:R-15+
★★★★☆
ヴァンパイアものはファンタジックな内容になりがちだが、本作はあくまでも科学的にヴァンパイアの世界を描いている。一応SF映画。ヴァンパイアの生きる世界という設定が面白く、地下道の整備であったり、車に紫外線遮断機構であったり、人間の養殖であったり、なんともワクワクさせる作りが多い。逃げ惑う人間、純血を求めるヴァンパイア、その変異態サブサイダー、これら3つの生物は共存できるはずもなく、波乱が巻き起こる。R指定でもあるので、描写に遠慮はない。当然ながらとにかく“血”が多い。万人にウケる内容ではないが、個人的にこういったSF系は大好きなので楽しめた。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『プリデスティネーション』鶏が先か、卵が先か

プリデスティネーションスクリーンショット

プリデスティネーション 原題『Predestination』


1970年11月6日、ニューヨーク。場末のバーに現われた青年ジョンは、バーテンダーの男に自らの数奇な身の上を語って聞かせる。青年の告白に同情したバーテンダーは、あることを条件に、彼に復讐のチャンスを与えると提案、2人で7年前へとタイムスリップする。

なんと、バーテンダーは未来から来た時空警察のエージェントだったのだ。彼は1970年のニューヨークで市民を震撼させている連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行阻止を最後のミッションと決め、引退する自分の後釜にジョンを据えようとしていたのだが…。

allcinemaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:オーストラリア 監督マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演イーサン・ホーク サラ・スヌーク ノア・テイラー 時間:97分 映倫:R-15+
★★★★★
タイムトラベルもの。時空を行き来するエージェントが過去へ飛び、連続爆弾魔の犯行をなんとか阻止しようとするお話。一応それが大筋というかひとつの目的。しかし本作の面白いところはそこじゃない。もっと複雑で極上の、驚きの展開が待っている。脚本の仕上がりも良くて「別の時間軸の話だから~」というよくあるパラレルワールドに頼っていないプロットが素晴らしい。すべての出来事はひとつの時間軸で起こるべくして起きる。鑑賞後は頭の中でサーキットのごとくストーリーがぐるぐると周回を始める。「あれがこうだから、ここに繋がって、ふむふむ」といった具合にタイムトラベルものならでは楽しさもある。映像も綺麗だし、物語に引き込むワクワクさせるような演出が巧み。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『プレデター』なんと…醜い顔なんだ

プレデタースクリーンショット

プレデター 原題『Predator』


捕虜となった政府要人を救出するため、南米のジャングルに派遣されたシェイファー率いるコマンド部隊。捕虜奪取に成功した彼らに突如何物かが襲いかかる。

その手口は残虐非道で胴体は消え、血痕もなく、内臓だけが残された。シェイファーが見た敵の正体は宇宙から来た凶悪肉食獣=プレデターだった!

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1987年 制作国:アメリカ 監督ジョン・マクティアナン 出演アーノルド・シュワルツェネッガー カール・ウェザース エルピディア・カリーロ 時間:107分
★★★★☆
救出隊としてジャングルに派遣された部隊、そこには得体の知れない何かが。という流れ。中盤まではSFホラー的な演出が効いていて、仲間が殺られていく恐怖や、それがどこからともなく襲い掛かってくるスリルが楽しめる。全体的にアクションシーン多めで、序盤のゲリラとの銃撃戦は見もの。SFサバイバルアクションとも言える。とにかく“シュワちゃん頑張って”といった内容だが、あまりにも屈強なイメージが強すぎるゆえ、肉弾戦での緊張感はあまり無い。『コマンドー』('85)同様に、吹き替えによる数々の名言が生まれた一作。意外とBGMもよかったりするからよく聞くべし。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『プレデター2』

プレデター2スクリーンショット

プレデター2 原題『Predator 2』


1997年ロサンゼルス。真夏の暑さで人々がうなだれている中、ダウンタウンでギャングと警官隊による銃撃戦が発生。

マイク・ハリガン警部補は自身の無鉄砲さで巧みに応戦し、ギャングらをアジトまで追い詰める。

許可を待たずハリガン率いる警官隊はアジトへ突入、しかしそこで見たものは、無残にも引き裂かれたギャングらの死体だった。

by myself

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1990年 制作国:アメリカ 監督スティーヴン・ホプキンス 制作ジョエル・シルバー 出演ダニー・グローヴァー ゲイリー・ビジー ルーベン・ブラデス 時間:108分
★★★★☆
舞台は真夏の大都市ロサンゼルス。この時代独特の乾いた雰囲気で、殺しの画が映える。テレビではカットされるようなシーンも多くあり、プレデターの容赦なき惨殺っぷりをよく描写していのに加え、今作ではプレデターの感情表現も描かれている。今作はダニー・グローヴァー演じる刑事が謎の生物プレデターに挑むストーリー、個人的には本作のほうが、雰囲気や映像のリアリティという点でも好き。余談だが、地下鉄のドア付近に落ちていたゴルフボールを長い間“目玉”だと勘違いしていた。ブルーレイで改めて見るとどう見てもゴルフボールだった。投げつけるシーンもあったしね。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『オデッセイ』火星で生き抜く術

オデッセイスクリーンショット

オデッセイ 原題『The Martian』


火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。

空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督リドリー・スコット 出演マット・デイモン ジェシカ・チャステイン クリステン・ウィグ 時間:141分
★★★★★
スペースサバイバルモノの中でも、明るい気分で楽しく見られる作品。ハプニングはあれど、絶望感は無く、ユーモアもあって、それでいてハラハラドキドキ見られる映画。ご都合主義な展開が多いので、いわゆる“映画評論家”には批判されそうな感じ。時折流れる70年代ミュージックが映画をより引き立てている。エンターテイメント作品としては素晴らしい仕上がりなので、誰しもにおすすめしたくなる、そんな映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ルーシー』

ルーシースクリーンショット

ルーシー 原題『Lucy』


ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー。

ある日、マフィアの闇取引に巻き込まれてしまい、そこで起こったアクシデントによって彼女の脳は異変をきたす。「人類の脳は10%しか機能していない」と言われるが、ルーシーの脳は覚醒し、次々と人智を超えた能力を発揮し始める…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:フランス 監督リュック・ベッソン 出演スカーレット・ヨハンソン モーガン・フリーマン アムール・ワケド 時間:89分 映倫:PG-12
★★★☆☆
ごく平凡な女性が超人に、その行く末とは?、といった映画。SF作品でありながら、哲学的な部分もあって、それはそれで「確かになあ」なんていう面白みを感じられる。どう考えても無理だろという能力もあったりするけど、人間を超越した何かだと割り切れば見ていられるし、B級チックな雰囲気を漂わせながら、実に壮大で、リュック・ベッソンらしいスピーディーな展開が観客を飽きさせない。変なこと考えずに純粋にみる映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ブレードランナー』

ブレードランナースクリーンショット

ブレードランナー 原題『Blade Runner』


2019年、酸性雨が降りしきるロサンゼルス。

強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。

「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカード(ハリソン・フォード)が、単独追跡を開始するが・・・

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1982年 制作国:アメリカ 監督リドリー・スコット 原作フィリップ・K・ディック 出演ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー ショーン・ヤング 時間:117分
★★★☆☆
ものすごくダークな雰囲気に、レトロフューチャーの言葉が似合う空間や造形。エンターテイメントとして楽しく見られるかと言われると微妙なところだが、独特の世界観は必見。なぜ?という理屈を抜きに見ないとちょっとまぶたが重くなるかもしれない。今となってはアンドロイドを扱った映画というのは溢れかえっているけれど、当時としては衝撃的な作品だったとは思う。ある意味リアルな未来像を描いており、ストーリーは自己の存在まで考えさせられるような壮大さを持つ、このどこか不可思議なところが傑作SFとして称される所以なのかも。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『トランセンデンス』

トランセンデンススクリーンショット

トランセンデンス 原題『Transcendence』


死すべき運命だった科学者ウィル。しかしその意識は、死の間際に妻エヴリンにとってスーパーコンピュータへとインストールされた。意識だけの存在になったウィルは、オンラインにつながる軍事機密、金融、政治から個人情報まで、世界中のあらゆる情報を手に入れ、究極的な進化を遂げる。そしてナノテクノロジーを駆使し、現実の世界にまで及んだ彼の力は、遂に生命までもコントロールし始めた。常人を遥かに超える力で増殖し、拡散し、支配するウィルに「彼は私の愛した人だったの?」と信じる心が揺らぎ始めるエヴリン。まるで神のごとき力を手にし、変わり果てた男に世界は恐怖を感じ、密かに抹殺計画が進行し始める。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ イギリス監督ウォーリー・フィスター 出演ジョニー・デップ レベッカ・ホール モーガン・フリーマン 時間:119分
★★★☆☆
自我を持つ人工知能をテーマにしたSF映画。人間の能を電気信号に置き換えてコンピュータ上に転送する、クローンの考え方と似ていて、確かに同じものだけどやっぱり何かが違う。まあそれ自体は昔のSF映画でもあったけど、そこに現代のインターネットシステムが加わると、人間を超越した何かとなる。それによって巻き起こるSF独特の恐怖は上手く描かれていた。でも結局は?というとこの作りが甘くて、ストーリーはとりあえず完結してるんだけど、観客の感情が置いてけぼり、そんな感じがした。すごく面白い脚本のはずゆえ、なんとも惜しい映画だった。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『マイノリティ・リポート』

マイノリティ・リポートスクリーンショット

マイノリティ・リポート 原題『Minority Report』

西暦2054年、ワシントンDC。政府は膨大な凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を開発し、大きな成果をあげていた。それは、予知能力者を利用して凶悪犯罪が起こる前に犯人を逮捕してしまうというシステムであった。このシステムのお陰でワシントンDCの犯罪件数は激減、将来的にはアメリカ全土で採用されるべく準備が整えられていた。

そんなある日、このシステムを管理する犯罪予防局のチーフ、ジョン・アンダートンが“36時間後に見ず知らずの他人を殺害する"と予知され、告発されてしまう。追う立場が一転して追われる立場になったジョンは、自らの容疑を晴らそうと奔走するのだが、彼は既に大きな陰謀に巻き込まれていたのだった……。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2002年 制作国:アメリカ 原作フィリップ・K・ディック 監督スティーヴン・スピルバーグ 出演トム・クルーズ コリン・ファレル サマンサ・モートン 時間:145分
★★★★☆
『ブレードランナー』や『トータル・リコール』で有名なフィリップ・K・ディック原作のSF小説『少数報告』をスピルバーグ監督で映像化。B級SF映画のような雰囲気と、浅くしか展開しないストーリーに中盤あたりまではボーッと見てたんだけど、それ以降はかなり引き込まれた。あ、オチ読めたわ、という自分の浅はかな予想を見事に裏切ってくれた。どんでん返しと言えるかは微妙なところだが、脚本の深さには関心した。もうすこしコンパクトにまとめられた気もするけどね。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】リミットレス

リミットレススクリーンショット

リミットレス 原題『Limitless』


作家志望のエディは、元妻の弟から通常は20%しか使われていない脳の力を100%活性化する新薬NZT48を渡される。疑いながらも服用した30秒後、エディの頭は劇的に覚醒。一晩で傑作小説を書き上げる。

あらゆる力を吸収したエディは、やがてビジネス界に進出。ウォール街で伝説的な投資家カールと手を組み、ハイスピードで富と権力を手に入れる。だが、そんな彼を待っていたのは、NZT48を巡る泥沼の争いと恐ろしい副作用だった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国:アメリカ 監督ニール・バーガー 出演ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ アビー・コーニッシュ 時間:105分 映倫:G
★★★★☆
普段人間の脳は20%ほどしか使われていないという。そんな中、もし100%の力を発揮できる手段を見つけたら、というSFサスペンス。105分とは思えないほど内容が詰まっており、なおかつ魅せ方、視覚的な演出が上手く、展開も早い。脳をテーマにしたストーリーは取っ付きやすく、個人的にも好きな部類なのですごく楽しめた。謎解きなどの要素はないが、ハラハラさせられるような展開、心理的な駆け引きなどがあり、その類が好きな人にもおすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]