ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『エンド・オブ・キングダム』

エンド・オブ・キングダムスクリーンショット

エンド・オブ・キングダム 原題『London Has Fallen』


イギリスの首相が謎の死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀にアメリカ合衆国大統領ベンジャミン(アーロン・エッカート)が出席することに。2年前にテログループによるホワイトハウス陥落に立ち向かったシークレットサービスのマイク(ジェラルド・バトラー)も彼を護衛するために同行する。

各国首脳がロンドンへと結集する中、彼らをターゲットにした同時多発テロが発生。歴史的建造物が次々と崩壊し、犠牲者が続出する。マイクとベンジャミン大統領は世界を混乱から救おうと立ち上がるが……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2016年 制作国:アメリカ 監督:ババク・ナジャフィ 出演ジェラルド・バトラー アーロン・エッカート モーガン・フリーマン 時間:99分
★★★★★
エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。ストーリーの繋がりは特になし。テロリストら相手に大統領とその護衛が奮闘するお話。ストーリーはすごくあっさりしていて、各国の首相らが殺害されるとんでもない大事件のわりに、それについての深掘りはなく、とにかくテロリストぶっ殺すというスタンスで話は進み、ひたすらアクションが繰り広げられる。アクションシーンの見せ場が多く、終盤のノーカット約3分の銃撃戦はスタイリッシュかつド迫力。銃器類の描写も素晴らしい。ジェラルド・バトラー演じる主人公マイクがセガール並みに屈強になっており、テロリストを煽ったりと怖いもの知らず。アクション映画として完成度が高く、前作の良いところをしっかり踏襲した仕上がり。逆にアクション映画が好きじゃないと楽しめない内容でもあるから人に勧める時に注意したい感じ。個人的には好み。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ファーナス/訣別の朝』

ファーナス/訣別の朝スクリーンショット

ファーナス/訣別の朝 原題『Out of the Furnace』


ペンシルバニアの田舎町ブラドックは、ファーナスから昇る白煙が常にたちこめていた。

ラッセルはこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働く日々を過ごす。

イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟ロドニーのことは心配だが、貧しいながらも恋人リナとのひと時にささやかな幸福を見出していた。

しかしある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:アメリカ 監督スコット・クーパー 出演クリスチャン・ベール ウディ・ハレルソン ケイシー・アフレック 時間:116分 映倫:PG-12
★★★☆☆
暗い雰囲気に加え、なんともやるせない気持ちになる映画。復讐がひとつの目的であるが、それメインというわけではなく、一人の人間に巻き起こる悲劇と葛藤を描いた作品といった感じ。豪華キャストで、脇を固めるウィレム・デフォーやフォレスト・ウィテカーが映画を渋く飾っている。シリアスで序盤から中盤まではちょっと退屈してしまうが、登場人物の素性がある程度わかってきたころに面白くなってくる内容。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ワイルド・チェイス』

ワイルド・チェイススクリーンショット

ワイルド・チェイス 原題『Balt』


アメリカ、ニューヨーク。食糧倉庫からエビを盗もうとして捕まったアルビンが刑務所で一緒になったジョンは、米連邦準備銀行から4,200万ドルもの大金を強奪した2人組の一人。

心臓疾患により死期が近いジョンは、大金の在りかを妻に伝えるよう、アルビンに謎めいた伝言を残し・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2000年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 出演ジェイミー・フォックス デヴィッド・モース ジェフリー・ドノヴァン 時間:120分
★★★☆☆
アクションサスペンスだが、どこかで見たことのあるようなシーンが多く、この映画ならではといった面白さはない。軽いノリで見られるアクション映画といったところ。ストーリーはシリアスだけど、ちょっとばかり捻りもあって、若干コメディタッチに描かれている。それゆえジェイミー・フォックスが良い味を出している。テンポがあんまり良くないけど、全体的にはまずまずな仕上がり。日本では劇場公開はおろか、一般販売さえされていない、地味にレアな映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ザ・シューター/極大射程』

ザ・シューター/極大射程スクリーンショット

ザ・シューター/極大射程 原題『Shooter』

アフリカのエリトリアで偵察任務に就いていた米海兵隊の敏腕狙撃手ボブ・リー・スワガー。だが、その攻防で援軍に見捨てられ、相棒のドニーが命を落としてしまう。3年後、スワガーは一線を退き、愛犬サムとワイオミングの山中で隠遁生活を送っていた。

そんなある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領に対して暗殺計画が浮上し、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請されるのだった。やがて、その都市をフィラデルフィアに絞り、現場で監視にあたるスワガーだったが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 制作ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 出演マーク・ウォールバーグ マイケル・ペーニャ ダニー・グローヴァー 時間:124分 映倫:PG-12
★★★★☆
大使暗殺の濡れ衣を着せられた元海兵隊スナイパーが、陰謀を暴くべく奮闘するお話。アクション映画として完成度が高く、アクション好きのツボをしっかり押さえている。目的に対して試行錯誤する、調査を進めるというストーリーはありがちかもしれないが、本作のみどころはその見せ方。登場する銃器や兵器、警察車両へのこだわり、そしてなにより映像が綺麗。そこから生み出されるリアリティやハードボイルドな雰囲気。これこそアントワーン・フークアの得意技といったところ。アクション映画好きには是非とも見てもらいたい一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『クライム・ヒート』

クライムヒートスクリーンショット

クライム・ヒート 原題『The Drop』


ブルックリンでバーを装ってマフィアの金を預かる“闇銀行"を営むボブとマーヴ。ある日、2人の仮面をかぶった強盗が店を襲い、絶対に奪われてはいけない大金が盗まれてしまう。

街で最も危険なマフィアに、金を取り返すように命じられた彼らは、ダークサイドへと足を踏み入れていくが……。

金を奪ったのは誰なのか? 身の危険が迫る中、彼らが下した決断とは!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督ミヒャエル・R・ロスカム 出演トム・ハーディ ノオミ・ラパス ジェームズ・ガンドルフィーニ 時間:106分
★★★★☆
汚い金をめぐるクライム・サスペンス。ものすごく淡々とした雰囲気の映画。トム・ハーディ演じる主人公ボブは物静かなバーテンダーなんだけど、何か恐ろしい一面を秘めているかのようなオーラがたまらなく渋い。映画としての完成度は高く、伏線であったり、ひとつひとつの演出にこだわりを感じる。なんとなくモヤモヤしながらストーリーが進みラストでパズルの最後のピースがハマる感覚が良い。個人的には好きだけど、万人にウケるような内容じゃない。この手のジャンルが好きな人におすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』

コードネーム U.N.C.L.E.スクリーンショット

コードネーム U.N.C.L.E. 原題『The Man from U.N.C.L.E.』

あと数日で世界は謎の組織の手に落ちる!各国の首脳にそんな情報が駆け巡った。スパイ史上あってはならない禁じ手だが、宿敵同士の2大国家アメリカとロシアが手を結ぶしかない。

CIAで最も有能だが女性関係に問題アリのナポレオン・ソロと、KGBに史上最年少で入った超エリートだがメンタルに問題アリのイリア・クリアキンが選ばれ、キャリアは最強・相性は最悪のスパイチームを結成。

タイムリミットが迫るなか、世界を救いつつ相手も殺せと究極の指令を受ける2人。キャラも作戦も真逆な彼らが、金と頭脳と悪を結集させた史上最大の敵を倒すことは出来るのか──?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ イギリス 監督ガイ・リッチー 出演ヘンリー・カヴィル アーミー・ハマー 
アリシア・ヴィキャンデル 時間:116分
★★★★★
スパイモノ。舞台は60年代。冷戦まっただ中、CIAとKGBのエージェントがタッグを組む。明るい雰囲気でジョークも交え、クスッと笑える演出が多く、楽しく見られる。スパイものとしても完成度が高く、ストーリーもひねりがあって面白い。これぞ映画だよねと言いたくなるような、観客を楽しませてくれる作品。キャストも良い。各国人の性格、特徴などを色濃く描写していて、その辺から生まれる独特のユーモアもみどころ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『エンジェル 哀しき復讐者』

エンジェル 哀しき復讐者スクリーンショット

エンジェル 哀しき復讐者 原題『Wicked Blood』


チェスが得意な少女ハナは、犯罪が横行する田舎町で、姉アンバーと叔父ドニーと暮らしている。ドニーはドラッグで身を持ち崩し、この町を牛耳る犯罪組織のボス、フランクに雇われ覚醒剤の密造を行うも、連邦捜査官に目をつけられていた。

ドニーが逮捕され家族が離散することを恐れたハナは、少しでも収入を得ようと、ドラッグの運び屋としてフランクの下で働き始める。知恵をつけたハナはやがて、ドラッグをビタミン剤でかさ増しし、売上金を着服していった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督:マーク・ヤング 出演アビゲイル・ブレスリン ショーン・ビーン ジェームズ・ピュアフォイ 時間:92分
★★★☆☆
しっとりとしたクライムサスペンス。登場人物が少なくこじんまりとした雰囲気であるが、ストーリーはそこそこ面白みがあって、キャストも程良い。何というかちょうど良いボリュームとスケール感。このジャンルが好きな人におすすめの掘り出し物的な一作
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』

タイトルスクリーンショット

ブリッジ・オブ・スパイ 原題『Bridge of Spies』

アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。

その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲される。ジェームズは、CIAから自分が弁護したアベルとアメリカ人乗組員のパワーズ(オースティン・ストウェル)の交換という任務を任され……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督スティーヴン・スピルバーグ 出演トム・ハンクス マーク・ライランス エイミー・ライアン 時間:141分
★★★★☆
実話に基づくシナリオなので、驚くような展開こそ無いけど、じっくりこってり見られる映画。冷戦時代の知識が多少ないと理解が難しい場面もあったが、目的はしっかりしているので、話に置いて行かれることはない。トム・ハンクスはほんとにこういう役が似合うよね。少し長めの映画だけど、最後まで楽しく見られたし、ちょっと感動さえ覚えた。じっくり見る濃厚な映画が好きな人におすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『X-ミッション』

X-ミッションスクリーンショット

X-ミッション 原題『Point Break』


以前アスリートだったFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が中心となっているアスリート犯罪集団への潜入捜査を開始する。

彼らには、卓越した能力を使って、犯罪行為を繰り返している疑いが掛かっていた。しかし、ユタは彼らと危険な行動を共にするうち、ボーディに対し信頼と友情を抱くようになり……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 中国 監督:エリクソン・コア 出演エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー テリーサ・パーマー 時間:114分
★★☆☆☆
『ハートブルー』('91)のリメイク。中国DMGエンターテインメントの出資もあって予算もたっぷり。でもあんまりおもしろくない。本作はFBIの設定がそもそもおまけ状態、エクストリームスポーツをとにかく格好良く撮ろうとするのはわかるし、ものすごい映像美なんだけど、そっち優先しすぎてストーリーに全く面白みがない。アクション映画としてもね。無駄にお金掛かっている印象。“オノ・オザキ”とか“オザキ8”とかもうクサすぎて、どっかのアクションチームのPVを見ている感じだった。映像はすごいのよ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ロミオ・マスト・ダイ』

ロミオ・マスト・ダイスクリーンショット

ロミオ・マスト・ダイ 原題『Romeo Must Die』


オークランド。抗争を続ける黒人と中国系マフィアの二大組織。中国系マフィアの長チューの息子ポーが殺された。彼の実兄の元刑事ハン(ジェット・リー)はマフィアだった父の罪を背負って獄中にいたが、この知らせを聞くやすぐさま脱獄、アメリカへやってきた。

黒人マフィアの長オデール(デルロイ・リンド)のひとり娘トリッシュ(アリーヤ)とひょんなことで知り合ったハンは、彼女の協力を得ながら事件の真相を探る。

映画.comより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2000年 制作国:アメリカ 監督アンジェイ・バートコウィアク 制作ジョエル・シルバー 出演ジェット・リー アリーヤ DMX アンソニー・アンダーソン 時間:115分
★★★★☆
DMX三部作と言われる、「ロミオ・マスト・ダイ」「ブラック・ダイヤモンド」「DENGEKI 電撃」のひとつ。中国人ギャングと黒人ギャングの抗争と、その裏に隠された陰謀を描いた映画。この時代の良き王道をきちんと守ったアクション映画で、わかりやすいストーリーにわかりやすい展開、そしてわかりやすい陰謀。観始めてから数分とたたない内に物語にスッと入り込んでいけるこの時代独特の雰囲気は一体なんなのだろうか。ジョエル・シルバー節が効いてる感じ。DMXは意外にも脇役。「ブラック・ダイヤモンド」でも「DENGEKI 電撃」でも、しっかり映画の柱となっていた彼だが、本作は、撃って、しゃべって、それだけ。それ以外は文句無し。実に面白い一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]