ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『デイブレイカー』

デイブレイカースクリーンショット

デイブレイカー 原題『Daybreakers』


西暦2019年。世界中を襲った疫病により、人類の大半はヴァンパイアへと変貌していた。

そんなヴァンパイア達に、食料供給源である旧来の人間が減少し血液の枯渇という深刻な問題が持ち上がる。

血液研究者のエドワードは絶滅寸前の人間を救うため、代用血液の開発を急いでいた。一方、レジスタンス組織のコーマックは逃亡中の人間達の保護活動を行っていたが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2010年 制作国:アメリカ オーストラリア 監督マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演イーサン・ホーク ウィレム・デフォー サム・ニール 時間:98分 映倫:R-15+
★★★★☆
ヴァンパイアものはファンタジックな内容になりがちだが、本作はあくまでも科学的にヴァンパイアの世界を描いている。一応SF映画。ヴァンパイアの生きる世界という設定が面白く、地下道の整備であったり、車に紫外線遮断機構であったり、人間の養殖であったり、なんともワクワクさせる作りが多い。逃げ惑う人間、純血を求めるヴァンパイア、その変異態サブサイダー、これら3つの生物は共存できるはずもなく、波乱が巻き起こる。R指定でもあるので、描写に遠慮はない。当然ながらとにかく“血”が多い。万人にウケる内容ではないが、個人的にこういったSF系は大好きなので楽しめた。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『プリデスティネーション』鶏が先か、卵が先か

プリデスティネーションスクリーンショット

プリデスティネーション 原題『Predestination』


1970年11月6日、ニューヨーク。場末のバーに現われた青年ジョンは、バーテンダーの男に自らの数奇な身の上を語って聞かせる。青年の告白に同情したバーテンダーは、あることを条件に、彼に復讐のチャンスを与えると提案、2人で7年前へとタイムスリップする。

なんと、バーテンダーは未来から来た時空警察のエージェントだったのだ。彼は1970年のニューヨークで市民を震撼させている連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行阻止を最後のミッションと決め、引退する自分の後釜にジョンを据えようとしていたのだが…。

allcinemaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:オーストラリア 監督マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演イーサン・ホーク サラ・スヌーク ノア・テイラー 時間:97分 映倫:R-15+
★★★★★
タイムトラベルもの。時空を行き来するエージェントが過去へ飛び、連続爆弾魔の犯行をなんとか阻止しようとするお話。一応それが大筋というかひとつの目的。しかし本作の面白いところはそこじゃない。もっと複雑で極上の、驚きの展開が待っている。脚本の仕上がりも良くて「別の時間軸の話だから~」というよくあるパラレルワールドに頼っていないプロットが素晴らしい。すべての出来事はひとつの時間軸で起こるべくして起きる。鑑賞後は頭の中でサーキットのごとくストーリーがぐるぐると周回を始める。「あれがこうだから、ここに繋がって、ふむふむ」といった具合にタイムトラベルものならでは楽しさもある。映像も綺麗だし、物語に引き込むワクワクさせるような演出が巧み。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『イットフォローズ』新感覚ホラー

イットフォローズスクリーンショット

イットフォローズ 原題『IT Follows』


19歳のジェイは男と一夜をともにするが、その後、男が豹変。

縛り付けられたジェイは「“それ”に殺される前に誰かにうつせ」と命令される。“それ”は人にうつすことができる。“それ”はうつされた者にしか見えない。“それ”はゆっくりと歩いて近づいてくる。“それ”はうつし相手が死んだら自分に戻ってくる。そして、“それ”に捕まったら必ず死が待っている。

果たしてジェイは、いつ、どこで現れるかわからない“それ”の恐怖から逃げきることが出来るのかー。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督デヴィッド・ロバート・ミッチェル 出演マイカ・モンロー キーア・ギルクリスト ダニエル・ゾバット 時間:100分 映倫:R-15
★★☆☆☆
自分にしか見えない“それ”が近づいてくる。それ自体はものすごく怖くて、遠くの方からゆっくり歩いてくる“それ”は今までになかった感覚の怖さがある。でもその“それ”の設定がイマイチで、「他の人には見えない」けど、物理的な当たり判定はある模様、見えないけど応戦もできる、あれ?これただの透明人間じゃない?というよからぬ煽り文が頭に浮かぶ。ホラー映画特有のイライラ挙動も残念ながらてんこ盛り。斬新なシチュエーションという意味では良い、それくらい。無駄に深読みして個人的な思想を広げる人には良い映画に思えるかもしれない。ただ、BGMはすごく良い。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ラッキーナンバー7』

ラッキーナンバー7スクリーンショット

ラッキーナンバー7 原題『Lucky Number Slevin』


仕事をクビ、彼女の浮気、事件でアパートが閉鎖、と史上最悪な1日を過ごしたスレヴン。

友人ニックの家を間借りすることにした彼は、借金の取立てにやってきたギャングにニックと勘違いされマフィアの“ボス"の元に連れて行かれる。

さらに“ボス"と敵対するマフィアのトップ“ラビ"にも目を付けられ…!?度重なる“偶然"の不運。しかしそれは何者かに仕組まれた完璧なる計画だった…!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2006年 制作国:アメリカ 監督ポール・マクギガン 出演ジョシュ・ハートネット ブルース・ウィリス ルーシー・リュー モーガン・フリーマン 時間:111分 映倫:R-15
★★★★☆
いきなりブルース・ウィリスの語りかけから始まり、何もかも「?」な状態でしばらく話が進んでいく。とりあえずその状況を飲み込んで、見ているうちにすべてが繋がっていく。「?」だった部分が徐々に明らかにされていく感じがとても心地よい。すべてがひっくり返るようなどんでん返しではないが、「なるほど、そーいうことね」としっかり理解させてくれるのがこの映画のよいところ。アクション映画ではなくて、コメディ要素の入ったミステリー映画といった感じ。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル』拷問ホラー

ホステルスクリーンショット

ホステル 原題『Hostel』


バックパッカーをしながらヨーロッパ各地を旅行している大学生パクストンとジョッシュ。ある時、とある田舎町に男たちの求める快楽をすべて提供する<ホステル>があるとの噂を耳にする。

早速そこへ向かった彼らは、その<ホステル>にたどり着き、期待以上の夢心地のひとときを過ごすのだが・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2005年 制作国:アメリカ 監督イーライ・ロス 出演ジェイ・ヘルナンデス デレク・リチャードソン エイゾール・グジョンソン 時間:94分 映倫:R-18
★★★★☆
東欧へやってきたアメリカ人大学生。女遊びができると聞きつけ訪れたホステルで羽目を外し、気がついた時には…。という流れ。映画前半は目を見開くようにオパイを堪能し、後半は目を塞ぎたくなるようなグロを見る。すごく単純なんだけど、東欧の雰囲気なんかと相まって、ものすごい狂気を感じる。視覚的なグロさはもちろんだが、それ以上に“拷問”ということもあって為す術もなく登場人物が「ぎゃあ」とか「う゛ぁぁあ」って叫ぶ。そういう精神的ホラーの一面もあるのよね。目をバーナーで…。うあああ。おすすめ。

[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル2』

ホステル2スクリーンショット

ホステル2 原題『Hostel: Part II』


ローマに留学しているアメリカ人女子大生ベス、ホイットニー、ローナの3人は旅行を計画しプラハへ向かう。しかし、行きの列車の中で天然のスパの情報を聞きスロバキアへ行くことにする。

街のホステルに到着した3人はその日の夜、収穫祭に参加したもののローナが男性に誘われボートに乗り込んでしまう。翌朝になってもローナは帰ってこない。3人は自分達がホステルへ到着した時点でオークションにかけられていることなど知るはずもなかった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督イーライ・ロス 出演:ローレン・ジャーマン ロジャー・バート
ビジュー・フィリップス 時間:95分 映倫:R-18
★★★☆☆
今回はアメリカ人女子学生3人が餌食となる。前作の“拷問の場を提供するビジネス”を、組織の側からも描いているのが特徴。その分、目に見えないところへの恐怖というのは無くなった。今作もゴア表現はあれど、パワーアップはしていない。相変わらず痛々しいけど。純粋なスプラッターではなく、ミステリー要素も盛り込んだ感じ。シリーズの1作ではなく、また別のB級映画として考えると、わりとアリかも。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル3』

ホステル3スクリーンショット

ホステル3 原題『Hostel: Part III』


主人公の結婚前の“独身さよならパーティ”として、カーターら男友達4人はラスベガスで落ち合う。 彼らがギャンブルを楽しんでいる最中、セクシーな女性2人に誘われ、カーターら4人は現地のタクシーで、あるプライベート・パーティに参加する。

パーティで行方不明になったマイクに会うためホステルへ向かうと拉致されたどり着いた先が、人が人を拷問し殺すことが出来る、会員制の“エリート・ハンティング・クラブ”だったー。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国:アメリカ 監督:スコット・スピーゲル 出演キップ・パルデュー ブライアン・ハリセイ
ジョン・ヘンズリー 時間:88分 映倫:R-18
★★☆☆☆
映画全体の作りや雰囲気が大きく変わった。今回はラスベガスにやって来た青年達がターゲットとなる。まあとにかく色々と安っぽい。怖くもない。残虐性、暴力描写が強烈になるかと期待したが、そんなこともない。後半はアクション映画のようで、なおかつ予想外の展開があったりと、これはあの「ホステル」の続編なのか?と、何を見ているのかわからなくなるような内容。でも意外とラストはすっきり。おすすめはしない。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『パージ:アナーキー』今度は街全域が舞台

パージアナーキースクリーンショット

パージ:アナーキー 原題『The Purge: Anarchy』


年に一度の“パージ"の日。とある夫婦は帰宅途中、車のタイヤがパンクし、逃げ遅れてしまう。そして、貧しい母娘は何者かに拉致されそうになったところ、武装した一人の男に助けられる。

この夜、男は息子を事故死させた犯人に復讐を誓っていた。それぞれの思惑が交錯する中、5人は無法地帯となった街で協力し、生き残りをかけて脱出を試みるのだが…。

そして明かされる“パージ"の秘密とは―。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督 ジェームズ・デモナコ 制作マイケル・ベイ 出演フランク・グリロ カーメン・イジョゴ ザック・ギルフォード 時間:103分 映倫:R15+
★★★★☆
1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる日“パージ”、今作は前作よりはるかにスケールアップし街全域が舞台。とあることから逃げ惑う羽目になった登場人物たちにスポットが当てられ、襲いかかってくる様々な刺客たちから生き延びるべく、といった内容。ヒャッハーな連中から、本当にイカれたサイコまで、いろんなキャラクターが登場、なおかつ見せ場も多く、アクションシーンや謎解き要素など、いろんな要素がつめ込まれている印象。B級映画に間違いないけれど、安っぽさを感じさせない作りになっていた。前作にはがっかりした人でも楽しめるはず。おすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]