ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『エンド・オブ・キングダム』

エンド・オブ・キングダムスクリーンショット

エンド・オブ・キングダム 原題『London Has Fallen』


イギリスの首相が謎の死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀にアメリカ合衆国大統領ベンジャミン(アーロン・エッカート)が出席することに。2年前にテログループによるホワイトハウス陥落に立ち向かったシークレットサービスのマイク(ジェラルド・バトラー)も彼を護衛するために同行する。

各国首脳がロンドンへと結集する中、彼らをターゲットにした同時多発テロが発生。歴史的建造物が次々と崩壊し、犠牲者が続出する。マイクとベンジャミン大統領は世界を混乱から救おうと立ち上がるが……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2016年 制作国:アメリカ 監督:ババク・ナジャフィ 出演ジェラルド・バトラー アーロン・エッカート モーガン・フリーマン 時間:99分
★★★★★
エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。ストーリーの繋がりは特になし。テロリストら相手に大統領とその護衛が奮闘するお話。ストーリーはすごくあっさりしていて、各国の首相らが殺害されるとんでもない大事件のわりに、それについての深掘りはなく、とにかくテロリストぶっ殺すというスタンスで話は進み、ひたすらアクションが繰り広げられる。アクションシーンの見せ場が多く、終盤のノーカット約3分の銃撃戦はスタイリッシュかつド迫力。銃器類の描写も素晴らしい。ジェラルド・バトラー演じる主人公マイクがセガール並みに屈強になっており、テロリストを煽ったりと怖いもの知らず。アクション映画として完成度が高く、前作の良いところをしっかり踏襲した仕上がり。逆にアクション映画が好きじゃないと楽しめない内容でもあるから人に勧める時に注意したい感じ。個人的には好み。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ザ・シューター/極大射程』

ザ・シューター/極大射程スクリーンショット

ザ・シューター/極大射程 原題『Shooter』

アフリカのエリトリアで偵察任務に就いていた米海兵隊の敏腕狙撃手ボブ・リー・スワガー。だが、その攻防で援軍に見捨てられ、相棒のドニーが命を落としてしまう。3年後、スワガーは一線を退き、愛犬サムとワイオミングの山中で隠遁生活を送っていた。

そんなある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領に対して暗殺計画が浮上し、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請されるのだった。やがて、その都市をフィラデルフィアに絞り、現場で監視にあたるスワガーだったが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 制作ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 出演マーク・ウォールバーグ マイケル・ペーニャ ダニー・グローヴァー 時間:124分 映倫:PG-12
★★★★☆
大使暗殺の濡れ衣を着せられた元海兵隊スナイパーが、陰謀を暴くべく奮闘するお話。アクション映画として完成度が高く、アクション好きのツボをしっかり押さえている。目的に対して試行錯誤する、調査を進めるというストーリーはありがちかもしれないが、本作のみどころはその見せ方。登場する銃器や兵器、警察車両へのこだわり、そしてなにより映像が綺麗。そこから生み出されるリアリティやハードボイルドな雰囲気。これこそアントワーン・フークアの得意技といったところ。アクション映画好きには是非とも見てもらいたい一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『プレデター』なんと…醜い顔なんだ

プレデタースクリーンショット

プレデター 原題『Predator』


捕虜となった政府要人を救出するため、南米のジャングルに派遣されたシェイファー率いるコマンド部隊。捕虜奪取に成功した彼らに突如何物かが襲いかかる。

その手口は残虐非道で胴体は消え、血痕もなく、内臓だけが残された。シェイファーが見た敵の正体は宇宙から来た凶悪肉食獣=プレデターだった!

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1987年 制作国:アメリカ 監督ジョン・マクティアナン 出演アーノルド・シュワルツェネッガー カール・ウェザース エルピディア・カリーロ 時間:107分
★★★★☆
救出隊としてジャングルに派遣された部隊、そこには得体の知れない何かが。という流れ。中盤まではSFホラー的な演出が効いていて、仲間が殺られていく恐怖や、それがどこからともなく襲い掛かってくるスリルが楽しめる。全体的にアクションシーン多めで、序盤のゲリラとの銃撃戦は見もの。SFサバイバルアクションとも言える。とにかく“シュワちゃん頑張って”といった内容だが、あまりにも屈強なイメージが強すぎるゆえ、肉弾戦での緊張感はあまり無い。『コマンドー』('85)同様に、吹き替えによる数々の名言が生まれた一作。意外とBGMもよかったりするからよく聞くべし。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『プレデター2』

プレデター2スクリーンショット

プレデター2 原題『Predator 2』


1997年ロサンゼルス。真夏の暑さで人々がうなだれている中、ダウンタウンでギャングと警官隊による銃撃戦が発生。

マイク・ハリガン警部補は自身の無鉄砲さで巧みに応戦し、ギャングらをアジトまで追い詰める。

許可を待たずハリガン率いる警官隊はアジトへ突入、しかしそこで見たものは、無残にも引き裂かれたギャングらの死体だった。

by myself

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1990年 制作国:アメリカ 監督スティーヴン・ホプキンス 制作ジョエル・シルバー 出演ダニー・グローヴァー ゲイリー・ビジー ルーベン・ブラデス 時間:108分
★★★★☆
舞台は真夏の大都市ロサンゼルス。この時代独特の乾いた雰囲気で、殺しの画が映える。テレビではカットされるようなシーンも多くあり、プレデターの容赦なき惨殺っぷりをよく描写していのに加え、今作ではプレデターの感情表現も描かれている。今作はダニー・グローヴァー演じる刑事が謎の生物プレデターに挑むストーリー、個人的には本作のほうが、雰囲気や映像のリアリティという点でも好き。余談だが、地下鉄のドア付近に落ちていたゴルフボールを長い間“目玉”だと勘違いしていた。ブルーレイで改めて見るとどう見てもゴルフボールだった。投げつけるシーンもあったしね。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ロミオ・マスト・ダイ』

ロミオ・マスト・ダイスクリーンショット

ロミオ・マスト・ダイ 原題『Romeo Must Die』


オークランド。抗争を続ける黒人と中国系マフィアの二大組織。中国系マフィアの長チューの息子ポーが殺された。彼の実兄の元刑事ハン(ジェット・リー)はマフィアだった父の罪を背負って獄中にいたが、この知らせを聞くやすぐさま脱獄、アメリカへやってきた。

黒人マフィアの長オデール(デルロイ・リンド)のひとり娘トリッシュ(アリーヤ)とひょんなことで知り合ったハンは、彼女の協力を得ながら事件の真相を探る。

映画.comより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2000年 制作国:アメリカ 監督アンジェイ・バートコウィアク 制作ジョエル・シルバー 出演ジェット・リー アリーヤ DMX アンソニー・アンダーソン 時間:115分
★★★★☆
DMX三部作と言われる、「ロミオ・マスト・ダイ」「ブラック・ダイヤモンド」「DENGEKI 電撃」のひとつ。中国人ギャングと黒人ギャングの抗争と、その裏に隠された陰謀を描いた映画。この時代の良き王道をきちんと守ったアクション映画で、わかりやすいストーリーにわかりやすい展開、そしてわかりやすい陰謀。観始めてから数分とたたない内に物語にスッと入り込んでいけるこの時代独特の雰囲気は一体なんなのだろうか。ジョエル・シルバー節が効いてる感じ。DMXは意外にも脇役。「ブラック・ダイヤモンド」でも「DENGEKI 電撃」でも、しっかり映画の柱となっていた彼だが、本作は、撃って、しゃべって、それだけ。それ以外は文句無し。実に面白い一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『DENGEKI 電撃』セガールアクション

電撃スクリーンショット

DENGEKI 電撃 原題『Exit Wounds』

向こう見ずな熱血刑事オーリン・ボイド。数々の問題を起こした彼は、ついに犯罪無法地帯にある15分署へ飛ばされる。

そこで女性上司に命じられたのは、感情克服セミナーに通うことだった。ある夜、ボイドは麻薬取引の現場に遭遇、格闘の末ひとりを捕まえるが何と相手は囮捜査中の仲間。この不始末で交通整理係にまで降格する。

そんな中、警察保管庫から押収ヘロインが強奪される事件が発生。ボイドは事件の鍵を握る男ラトレルに接近するが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2001年 制作国:アメリカ 監督アンジェイ・バートコウィアク 制作ジョエル・シルバー 出演スティーヴン・セガール DMX アンソニー・アンダーソン トム・アーノルド 時間:101分
★★★★☆
DMX三部作と言われる、「ロミオ・マスト・ダイ」「ブラック・ダイヤモンド」「DENGEKI 電撃」のひとつ。セガール主演だが、本作ではやたら空回りしてしまう典型的なはみ出し警官役。いつもの敵をなぎ倒す強さは健在。難しく考えずに見られる王道アクション映画といった感じで、銃撃戦、カーチェイス、肉弾戦といった基本的なアクションはしっかりおさえている。プチどんでん返しもあったりしてストーリーも悪くない。HIPHOPがくどい気もするが、三部作の中では一番好き。楽しく見られる作品。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ブラック・ダイヤモンド』

ブラック・ダイヤモンドスクリーンショット

ブラック・ダイヤモンド 原題『Cradle 2 the Grave』

強盗グループのカリスマ的なリーダー、トニー(DMX)はロスの宝石商の金庫破りを計画していた。そんな時、その計画を密かに追跡していた男ダンカン・スーから“ブラック・ダイヤモンド”だけは置いていけ、と警告される。だが、トニーらはそれを無視してブラック・ダイヤモンドを含めたほとんどの宝石を持ち逃げした。

しかし、ブラック・ダイヤモンドはスー以外からも狙われていた。犯罪組織のボス、リンは誘拐したトニーの愛娘と引き替えにブラック・ダイヤモンドを要求して来たのだ。動揺するトニー。そんな彼に対し、スーはある提案を持ちかける…。

allcinemaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2003年 制作国:アメリカ 監督アンジェイ・バートコウィアク 制作ジョエル・シルバー 出演ジェット・リー DMX ガブリエル・ユニオン 時間:101分
★★★★☆
『ロミオ・マスト・ダイ』『DENGEKI 電撃』に続くDMX三部作の1つ。ジェット・リーが注目されがちだが、DMXも良いキャラを演じている。“チームで計画して強盗する”という内容が好きな人にはドンピシャだと思う。カンフーあり、カーチェイスあり、ガンアクションあり、ミリタリーアクションありでこの時代の良き王道をきちんと守った、気軽に見られるアクション映画。
[ comment(2) │  trackback(0) ]

映画『ザ・ガンマン』

タイトルスクリーンショット

ザ・ガンマン 原題『The Gunman』

アフリカ・コンゴ共和国。鉱山の利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加した元特殊部隊最強の暗殺者ジム・テリア(ショーン・ペン)。しかし完璧な狙撃で任務を遂行後、愛する恋人も何もかも捨て表舞台から姿を消し、血塗られた過去を贖うようにひっそりと生きていた。

それから数年後のある日、ジムは突然武装した男たちに襲撃される。やがて暗殺作戦に参加したかつての仲間が次々と殺されていることを知ったジムは、自分を襲った敵が何者なのかを突き止めるため、そして自ら生き残るために、過去と向き合い、再び銃を取る――。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ イギリス フランス 監督ピエール・モレル 出演ショーン・ペン ジャスミン・トリンカ ハビエル・バルデム 時間:115分
★★★☆☆
硬派なアクション映画といった感じで、シリアスなストーリーとショーン・ペンがよく似合うが、どこか面白みに欠けた。妙に複雑な設定が、娯楽映画の「気楽さ」を与えてくれないし、ユーモアもないので、しかめっ面でじーっとみる羽目になる。ピエール・モエル監督だったので期待したが、なんとも無難なアクション映画に仕上がっていた。
[ comment(0) │  trackback(0) ]