ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『デイブレイカー』

デイブレイカースクリーンショット

デイブレイカー 原題『Daybreakers』


西暦2019年。世界中を襲った疫病により、人類の大半はヴァンパイアへと変貌していた。

そんなヴァンパイア達に、食料供給源である旧来の人間が減少し血液の枯渇という深刻な問題が持ち上がる。

血液研究者のエドワードは絶滅寸前の人間を救うため、代用血液の開発を急いでいた。一方、レジスタンス組織のコーマックは逃亡中の人間達の保護活動を行っていたが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2010年 制作国:アメリカ オーストラリア 監督マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演イーサン・ホーク ウィレム・デフォー サム・ニール 時間:98分 映倫:R-15+
★★★★☆
ヴァンパイアものはファンタジックな内容になりがちだが、本作はあくまでも科学的にヴァンパイアの世界を描いている。一応SF映画。ヴァンパイアの生きる世界という設定が面白く、地下道の整備であったり、車に紫外線遮断機構であったり、人間の養殖であったり、なんともワクワクさせる作りが多い。逃げ惑う人間、純血を求めるヴァンパイア、その変異態サブサイダー、これら3つの生物は共存できるはずもなく、波乱が巻き起こる。R指定でもあるので、描写に遠慮はない。当然ながらとにかく“血”が多い。万人にウケる内容ではないが、個人的にこういったSF系は大好きなので楽しめた。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ブレードランナー』

ブレードランナースクリーンショット

ブレードランナー 原題『Blade Runner』


2019年、酸性雨が降りしきるロサンゼルス。

強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。

「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカード(ハリソン・フォード)が、単独追跡を開始するが・・・

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1982年 制作国:アメリカ 監督リドリー・スコット 原作フィリップ・K・ディック 出演ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー ショーン・ヤング 時間:117分
★★★☆☆
ものすごくダークな雰囲気に、レトロフューチャーの言葉が似合う空間や造形。エンターテイメントとして楽しく見られるかと言われると微妙なところだが、独特の世界観は必見。なぜ?という理屈を抜きに見ないとちょっとまぶたが重くなるかもしれない。今となってはアンドロイドを扱った映画というのは溢れかえっているけれど、当時としては衝撃的な作品だったとは思う。ある意味リアルな未来像を描いており、ストーリーは自己の存在まで考えさせられるような壮大さを持つ、このどこか不可思議なところが傑作SFとして称される所以なのかも。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『チャッピー』意識を持つロボット

チャッピースクリーンショット

チャッピー 原題『Chappie』

2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界で唯一の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生。
彼の名はチャッピー。

起動したばかりのチャッピーは真っ新でまるで子供のようだが、彼の余命はたった5日間しかない。ギャングにさらわれたチャッピーは、ギャング式の生きる術を覚え加速度的に成長する。
ただ「生きたい」と願うチャッピーの人知を超えた行動に、我々は衝撃の結末を目撃する。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督ニール・ブロムカンプ 出演デーヴ・パテール ヒュー・ジャックマン 
ダイ・アントワード シガニー・ウィーバー 時間:120分
★★★★☆
意識を持つロボットなのは間違いないけど、厳密には意識を“インストールされた”ロボット、それがチャッピー。
ロボコップのような治安維持ロボット『スカウト』のひとつに『意識データ』をインストールすることにより生まれたもので、文字通り本当に生まれたての子供。そしてひょんなことからギャング達に育てられることになっちゃって、どんどんワルに育てられるチャッピー。子供の育ちは育てられ方、育つ環境に依存するっていうのがよく描かれていたね。犯罪の横行する荒廃した世界感はもうお手の物というくらいに醸し出されており、第9地区やエリジウムとよく似ている。国内では何を思ったかハートフルムービーっぽく宣伝されていたけど、そういうのじゃないっつーのね。それと意識をデータ化するという、本当にそのうち実現してしまうのではないかと思える要素はファンタジックである半面、どこか現実味もあってよかった。映画としては十分面白かった。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ミュータント・ワールド』

ミュータントワールドスクリーンショット

ミュータント・ワールド 原題『Mutant World』

地球探査グループは、ある日、地球滅亡クラスの被害が予想される巨大隕石の落下を傍受。仲間を連れ立って格納庫に避難するが、リーダーのマーカスが逃げ遅れ、消息を絶ってしまう。

そして10年後、なんとか生き延びたマーカスの娘メリッサら数名は、大きな地震によって太陽電池が故障したことから、地上調査に踏み切ることにする。だが、外は氷河期のような寒さに包まれ、凶暴な突然変異体“ミュータント“に支配されていた。

父の血を受け継ぐメリッサは強烈なリーダシップを発揮し、彼らの攻撃に立ち向かう・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:カナダ 監督デヴィッド・ウィニング 出演キム・コーツ ホリー・デヴォー 時間:82分
★★☆☆☆
B級映画なのは重々承知だけど、なんかいろいろと歪んだ固定観念にとらわれすぎ。“隕石の衝突によって人類壊滅”って設定は良いんだけど、“人類壊滅”って設定からなぜお決まりのように地上には放射線、人を食べるミュータント、ということになるのか。正直隕石なんぞ全くもって関係なく、“核戦争後”とかバイオハザードのような“パンデミック後”という設定でも成り立つストーリー。むしろそのどちらかのほうがしっくりくる。映像や全体的なクオリティはよくあるB級映画といった感じ。厳密にはテレビ映画なのかな。面白くはなかった。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 ザ・レイド

ザ・レイド

ザ・レイド  原題「The Raid」

2011年 インドネシア

監督 ギャレス・エヴァンス
出演 イコ・ウワイス ヤヤン・ルヒアン ジョー・タスリム

麻薬王が支配し、ギャングや殺し屋、ドラッグの売人の巣窟となっている高層ビルに、ジャカルタ警察のSWATチームが強制捜査に入る。

しかし作戦の情報は筒抜けになっており、20人の隊員は無数のギャングを相手に激しい戦いを強いられ、ひとりまたひとりと命を落としていく。

映画.comより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ザ・レイド のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 ディヴァイド

ディヴァイド

ディヴァイド 原題「The Divide」

2011年 アメリカ カナダ ドイツ

監督 ザヴィエ・ジャン
出演 ローレン・ジャーマン マイケル・ビーン マイロ・ヴィンティミリア

ニューヨークが突然の爆撃を受け、壊滅状態に陥る。
男女9人が地下シェルターに逃げ込み生き延びるが、地上の建物が崩壊したことで出入り口がふさがれ、閉じ込められてしまう。

水と食料はわずかしかなく、絶望的な状況の中で9人は互いに憎悪や疑心を募らせていく。さらにそこへ、防護服に身を包んだ男たちがシェルターをこじ開けて現れ、襲いかかってくる。

映画.comより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ディヴァイド のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 ラバー

ラバー

ラバー 原題「RUBBER」

2010年 フランス

監督 カンタン・デュピュー
出演 スティーブン・スピネラ ロキサーヌ メスキダ ジャック・ブロトニック ほか

ア砂漠に捨てられた1本のタイヤ、ロバートに命が宿ったことから、ロバートは自分に物を破壊するテレパシー能力が備わっていることを知る。

ゴミや小動物を標的にテレパシーを送り、目にするものを次々と破壊していくロバート。次第にターゲットは人間へと移り、そんなロバートの目の前を謎の美女が通りかかって…

Yahoo!映画より

殺人タイヤに気をつけろ!異色のスプラッタームービー

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ラバー のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 ゾンビ・クロニクル2

ゾンビクロニクル2

ゾンビ・クロニクル2 原題「Zombie Apocalypse」

2011年 アメリカ

監督 ニック・ライオン
出演 ヴィング・レイムス ゲイリー・ウィークス ジョニー・ペイカー ほか

20XX年、ヨーロッパを滅亡させたVM2ウィルスが北米に上陸。アメリカは瞬く間に、ゾンビが支配する死の国へと姿を変えた。ラモナたち生存者のグループは、西海岸を目指す旅に出る。ロサンゼルスの沖に浮かぶカタリナ島に、避難所があるという噂を信じて。

ヘンリー【ヴィング・レイムス】たちのグループと合流し、ゾンビの大群と戦い、愛する仲間を1人また1人と失いながら、果てしなく続く地獄の旅。ついに彼らは、カタリナ島への連絡船が出ているというロス港に到着。そこでラモナたちを待ちうけていた、恐るべき運命とは…?

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ゾンビ・クロニクル2  のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]