ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密』

イミテーションゲームスクリーンショット

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 
原題『The Imitation Game』


第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。

世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。
英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは―

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:イギリス 監督モルテン・ティルドゥム 原作:アンドリュー・ホッジス 出演ベネディクト・カンバーバッチ キーラ・ナイトレイ マシュー・グッド 時間:114分 映倫:G
★★★★★
ナチスのエニグマ暗号の解読に奮闘するイギリスの数学者アラン・チューリングを描いたお話。
実話を基に描かれたとは思えないほどまとまりのある映画で、ひとつの歴史的な逸話としても、純粋に映画としても面白い。当然ながらストーリーは“暗号を解読できるのか!?”ってところに焦点を当てて進んでいくんだけど、その側面でアランの天才であるがゆえの苦悩や、まさに頭脳ゲームのような戦争の裏舞台の描写も盛り込まれ、それを伏線などでうまくまとめてるからすごい。50年以上も政府の機密扱いだったってことで映画化もなかったんだろうけど、逆にコンピュータを当たり前のように使う現代だからこそ劇中で登場した装置の凄さが伝わってくる気がする。少しでもコンピュータ関連、電子回路やマイコン、アルゴリズムを噛じったことのある人にはその凄さがわかるはず。とは言え専門的な小難しい話はほとんど無いのでご安心を。そういう意味でひとつのエンタメとしてもおすすめできる一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『武器人間』R-15

武器人間スクリーンショット

武器人間 原題『Frankenstein's Army』


1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。

やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。

その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:オランダ アメリカ 監督:リチャード・ラーフォースト 出演カレル・ローデン ジョシュア・ザッセ ロバート・グウィリム 時間:84分 映倫:R-18
★★★★☆
第二次大戦末期にソ連偵察部隊が記録した恐るべきナチスの実験という設定で、一応全編POV方式、モキュメンタリーの部類になるのかな。序盤からなんとも不気味だけど、それゆえのワクワク感で意外とすんなり入り込めた。
実験施設内は狂気に満ちていてもうホントに正気の沙汰じゃない。
CGに頼らない“武器人間”たちの造形は、若干安っぽさを感じるが逆にそれが雰囲気を引き立てているというか、80年代のゾンビ映画が妙にリアルに思える感覚とよく似ている。逃げ場の限られた狭い通路で殺す気満々に襲ってくる武器人間たちは恐すぎて背筋が凍りつくレベル。B級映画だけど、この手のジャンルにしては完成度の高い一作だった。

[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ブラックブック』

ブラックブック

ブラックブック 原題「Zwartboek」

2006年 オランダ ドイツ イギリス ベルギー

監督 ポール・バーホーベン
出演 カリス・ファン・ハウテン セバスチャン・コッホ トム・ホフマン

1944年、第二次世界大戦時ナチス・ドイツ占領下のオランダ。若く美しいユダヤ人歌手ラヘルは、ドイツ軍から解放されたオランダ南部へ家族とともに逃げようとするが、何者かの裏切りによって家族をナチスに殺されてしまう。

復讐のために名前をエリスと変え、ブルネットの髪をブロンドに染め、レジスタンスに身を投じる。そしてナチス内部の情報を探るため、ナチス将校ムンツェに近づき、彼の愛人となることに成功するが…

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 映画『ブラックブック』 のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ワールド・オブ・ライズ』

ワールド・オブ・ライズスクリーンショット

ワールド・オブ・ライズ 原題『Body of Lies』


世界を救おうとする2人の男。CIA工作員のロジャー・フェリスと、彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン。

生き方も考え方も違う2人の目的はひとつ。地球規模の爆破事件のリーダーを捕まえること。

足跡すら残さない正体不明の犯人をおびき出せるのは、「世界一の嘘」しかない。フェリスとホフマン、そして他国の諜報部の、息もつけない頭脳戦が始まる…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2008年 制作国: 監督リドリー・スコット 出演レオナルド・ディカプリオ ラッセル・クロウ マーク・ストロング 時間:128分
★★★☆☆
テロもの。いまとなってはテロを扱った映画なんで山ほどあって、似たような内容になってしまう作品も少なくない。今作もその流れにのまれてしまってるようで、どこかで見たような感じがしないでもない。内容はアクション映画に近い。銃撃戦あり、爆破あり、カーチェイスあり。中東が舞台と言うこともあり、全体的な雰囲気は砂っぽい。制作費たっぷりで豪華俳優&大物監督な映画は多少粗があっても面白くみえるもんで、本作もそのひとつ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]