ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『オデッセイ』火星で生き抜く術

オデッセイスクリーンショット

オデッセイ 原題『The Martian』


火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。

空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督リドリー・スコット 出演マット・デイモン ジェシカ・チャステイン クリステン・ウィグ 時間:141分
★★★★★
スペースサバイバルモノの中でも、明るい気分で楽しく見られる作品。ハプニングはあれど、絶望感は無く、ユーモアもあって、それでいてハラハラドキドキ見られる映画。ご都合主義な展開が多いので、いわゆる“映画評論家”には批判されそうな感じ。時折流れる70年代ミュージックが映画をより引き立てている。エンターテイメント作品としては素晴らしい仕上がりなので、誰しもにおすすめしたくなる、そんな映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』

アバウト・タイム 愛おしい時間についてスクリーンショット

アバウト・タイム~愛おしい時間について~ 原題「About Time」

自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。

恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。

しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:イギリス 監督リチャード・カーティス 出演ドーナル・グリーソン ビル・ナイ レイチェル・マクアダムス 時間:124分
★★★★★
あのときこうすればよかった…、を叶えてくれる能力を持ったら。というラブストーリーにタイムトラベルを盛り込んだちょっと変わった一作。ユーモアあふれるお話だが、どこかしんみりしてしまうシーンもあったりして、かといって重苦しくなく、誰もにおすすめしたくなる、感動、ほっこり系ラブストーリー。気が付くと自然に笑顔になっている自分がいる、そんな映画。それとレイチェル・マクアダムス演じるメアリー、可愛すぎるよ。
主題歌『How long will I love you
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『幸せへのキセキ』

幸せへのキセキスクリーンショット

幸せへのキセキ 原題「We Bought a Zoo」

半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン。人生の崖っぷちに立たされていた彼は、妻との想い出が詰まった町を離れ、新しい土地で生活を始めようと決意する。そんな彼が購入したのは、郊外の丘の上に立つ理想の家。ところが、その物件はなんと閉鎖中の≪動物園≫付きだった。

周囲の大反対を押し切り、引っ越しと同時に知識も経験もない園長となった彼は、風変わりな飼育員たち、再オープンを待ち望む地元の人々、そして家族みんなのサポートを得て動物園再建という一世一代の冒険に乗り出していくのだった。

資金不足・悪天候など次々と彼らの前に立ちはだかる障害。果たして無事オープンの日を迎え成功することができるのだろうか!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2012年 制作国:アメリカ 監督キャメロン・クロウ 出演マット・デイモン スカーレット・ヨハンソン 時間:124分
★★★★☆
妻を亡くした夫が、反抗期の息子とまだ幼い娘と共に人生の新しいスタートとして買った家はなんと閉園中の動物園付き。その再興に励むお話。なんとも心温まる物語で、笑って泣けるという言葉がふさわしい、マット・デイモンは頑張るパパ、葛藤するパパ、苦悩のパパを演じきっており、感情移入してしまう。
実話の映画化は硬派な物が多い中、本作は微笑ましく、なおかつ清々しい映画であった。動物たちも可愛い。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『アルマゲドン』

アルマゲドンスクリーンショット

アルマゲドン 原題「Armageddon」

テキサス州と同じ大きさの巨大アステロイド(小惑星)が、時速35,000キロのスピードで地球に接近していた。衝突すれば確実に地球は全滅する。

人類が生き残る方法は唯ひとつ。小惑星の地下深くで核爆発を起こし、その軌道を変えるのだ。このミッション遂行のため選ばれたのは、6人の宇宙飛行士と、8人の石油採掘のプロフェッショナル達だった。

残された時間はあとわずか。終焉へのカウントダウンの中、彼等は全人類の希望を背負いついに宇宙へと旅立った・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1998年 制作国:アメリカ 監督マイケル・ベイ 出演ブルース・ウィリス ベン・アフレック リヴ・タイラー 時間:150分
★★★★★
ジェリー・ブラッカイマー制作、マイケル・ベイ監督というアクション映画コンビが放つ、宇宙パニックスペクタクル。
地球に迫る小惑星を破壊すべくという内容だが、娯楽色が強く小難しいひねりもないので、誰もが楽しめる内容となっている。それゆえ評論家からボロカスに批判されることが多い。確かに突っ込みどころはあるが、純粋に笑って泣ける映画を観たいならコレ、と言っても良い。それほど名作。
主題歌『I Don't Want To Miss A Thing
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 ネイビーシールズ

ネイビーシールズ

ネイビーシールズ 原題「ACT OF VALOR」

2012年 アメリカ

監督 スコット・ワウ
出演 ロゼリン・サンチェス ジェイソン・コットル アレックス・ヴィードフ

アメリカ軍が誇る特殊部隊のネイビーシールズ。そんな彼らに、誘拐されたCIAエージェントの救出という新たなミッションが下される。

冷静に着々と救出作戦を遂行させていくが、誘拐事件は恐ろしい大規模テロ計画へとつながっていた。

シネマトゥデイより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ネイビーシールズ  のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 スリーデイズ

スリーデイズ

スリーデイズ 原題「The Next Three Days」

2008年 アメリカ

監督 ポール・ハギス
出演 ラッセル・クロウ エリザベス・バンクス リーアム・ニーソン ほか

愛する妻子とともに、幸せな毎日を過ごしていた大学教授のジョン【ラッセル。クロウ】。しかしある朝、彼の家に警察が侵入、殺人の容疑で妻のララ【エリザベス・バンクス】は逮捕されてしまう。

それから3年。ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。しかし、裁判では彼女に不利な証拠が提出され、覆ることなく遂に殺人罪は確定。絶望し、獄中で自殺未遂を起こした妻をみてジョンはある決断を下す。

「彼女の人生と家族の幸せを取り戻す」それは命を懸けた決断だった。ジョンは生活の全てを犠牲にし、孤独や恐怖にさいなまれながら、綿密な脱獄計画を練り上げていく。チャンスは1度。ララ移送までのわずか3日。

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 スリーデイズ のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 リアル・スティール

変換 ~ 9991

リアル・スティール 原題「Real Steel」

2011年 アメリカ

監督 ショーン・レヴィ
出演 ヒュー・ジャックマン ダコタ・ゴヨ エヴァンジェリン・リリー

リモコンによる遠隔操作で動くロボットの格闘技が人気を集める2020年。ロボットの闇試合で一攫千金を夢見る元プロボクサー、チャーリー【ヒュー・ジャックマン】は、離ればなれに暮らしていた11歳の息子を引き取ることに。なかなか心が通じないふたりは、ある旧型ロボットと出会い…

 


詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 リアル・スティール のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]