ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『ファーナス/訣別の朝』

ファーナス/訣別の朝スクリーンショット

ファーナス/訣別の朝 原題『Out of the Furnace』


ペンシルバニアの田舎町ブラドックは、ファーナスから昇る白煙が常にたちこめていた。

ラッセルはこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働く日々を過ごす。

イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟ロドニーのことは心配だが、貧しいながらも恋人リナとのひと時にささやかな幸福を見出していた。

しかしある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:アメリカ 監督スコット・クーパー 出演クリスチャン・ベール ウディ・ハレルソン ケイシー・アフレック 時間:116分 映倫:PG-12
★★★☆☆
暗い雰囲気に加え、なんともやるせない気持ちになる映画。復讐がひとつの目的であるが、それメインというわけではなく、一人の人間に巻き起こる悲劇と葛藤を描いた作品といった感じ。豪華キャストで、脇を固めるウィレム・デフォーやフォレスト・ウィテカーが映画を渋く飾っている。シリアスで序盤から中盤まではちょっと退屈してしまうが、登場人物の素性がある程度わかってきたころに面白くなってくる内容。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ワイルド・チェイス』

ワイルド・チェイススクリーンショット

ワイルド・チェイス 原題『Balt』


アメリカ、ニューヨーク。食糧倉庫からエビを盗もうとして捕まったアルビンが刑務所で一緒になったジョンは、米連邦準備銀行から4,200万ドルもの大金を強奪した2人組の一人。

心臓疾患により死期が近いジョンは、大金の在りかを妻に伝えるよう、アルビンに謎めいた伝言を残し・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2000年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 出演ジェイミー・フォックス デヴィッド・モース ジェフリー・ドノヴァン 時間:120分
★★★☆☆
アクションサスペンスだが、どこかで見たことのあるようなシーンが多く、この映画ならではといった面白さはない。軽いノリで見られるアクション映画といったところ。ストーリーはシリアスだけど、ちょっとばかり捻りもあって、若干コメディタッチに描かれている。それゆえジェイミー・フォックスが良い味を出している。テンポがあんまり良くないけど、全体的にはまずまずな仕上がり。日本では劇場公開はおろか、一般販売さえされていない、地味にレアな映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『スルース』

スルーススクリーンショット

スルース 原題『Sleuth』


ロンドン郊外にあるベストセラー推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅に、招かれたのか、押しかけたのかティンドルが現れる。

作家が、若い男にある話を持ちかける。「妻が欲しいなら、私の提案に乗らないか?」それはひとりの女をめぐってふたりの男が、エゴとプライドをかけて挑発しあう高貴で不健全なゲームの幕開けだった…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督ケネス・ブラナー 出演マイケル・ケイン ジュード・ロウ 時間:89分
★★★☆☆
世にも奇妙な物語のようなブラックジョークの効いたミステリー映画。とある豪邸の中で巻き起こる心理戦を描いている。中盤までは驚きの展開があったりして見入ってたんだけど、後半は不可解な演出が多くて理解に困った。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『クライム・ヒート』

クライムヒートスクリーンショット

クライム・ヒート 原題『The Drop』


ブルックリンでバーを装ってマフィアの金を預かる“闇銀行"を営むボブとマーヴ。ある日、2人の仮面をかぶった強盗が店を襲い、絶対に奪われてはいけない大金が盗まれてしまう。

街で最も危険なマフィアに、金を取り返すように命じられた彼らは、ダークサイドへと足を踏み入れていくが……。

金を奪ったのは誰なのか? 身の危険が迫る中、彼らが下した決断とは!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督ミヒャエル・R・ロスカム 出演トム・ハーディ ノオミ・ラパス ジェームズ・ガンドルフィーニ 時間:106分
★★★★☆
汚い金をめぐるクライム・サスペンス。ものすごく淡々とした雰囲気の映画。トム・ハーディ演じる主人公ボブは物静かなバーテンダーなんだけど、何か恐ろしい一面を秘めているかのようなオーラがたまらなく渋い。映画としての完成度は高く、伏線であったり、ひとつひとつの演出にこだわりを感じる。なんとなくモヤモヤしながらストーリーが進みラストでパズルの最後のピースがハマる感覚が良い。個人的には好きだけど、万人にウケるような内容じゃない。この手のジャンルが好きな人におすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『エンジェル 哀しき復讐者』

エンジェル 哀しき復讐者スクリーンショット

エンジェル 哀しき復讐者 原題『Wicked Blood』


チェスが得意な少女ハナは、犯罪が横行する田舎町で、姉アンバーと叔父ドニーと暮らしている。ドニーはドラッグで身を持ち崩し、この町を牛耳る犯罪組織のボス、フランクに雇われ覚醒剤の密造を行うも、連邦捜査官に目をつけられていた。

ドニーが逮捕され家族が離散することを恐れたハナは、少しでも収入を得ようと、ドラッグの運び屋としてフランクの下で働き始める。知恵をつけたハナはやがて、ドラッグをビタミン剤でかさ増しし、売上金を着服していった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督:マーク・ヤング 出演アビゲイル・ブレスリン ショーン・ビーン ジェームズ・ピュアフォイ 時間:92分
★★★☆☆
しっとりとしたクライムサスペンス。登場人物が少なくこじんまりとした雰囲気であるが、ストーリーはそこそこ面白みがあって、キャストも程良い。何というかちょうど良いボリュームとスケール感。このジャンルが好きな人におすすめの掘り出し物的な一作
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『サバイバー』ブロスナンvsジョボビッチ

サバイバースクリーンショット

サバイバー 原題『Survivor』

ロンドンの米国大使館に派遣されたエリート外交官で危機管理の専門家ケイト・アボット。彼女の任務はアメリカへの不法入国を狙うテロリストたちを阻止すること。

年の瀬も押し迫った12月29日、ケイトはある不審な入国者に気が付くが、直後爆破テロに巻き込まれ、その犯人としてアメリカ国家、イギリス警察、そして最凶最悪のテロリスト“時計屋"から追われることになる。
必死の逃亡を続けながらも、大晦日のNYタイムズスクエアにテロの脅威が迫っていることを知ったケイトは厳重な警備の目をかいくぐって、一人ニューヨークへ飛ぶ。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ イギリス 監督ジェームズ・マクティーグ 出演ミラ・ジョヴォヴィッチ ピアース・ブロスナン ディラン・マクダーモット 時間:97分
★★★☆☆
必要以上に嗅ぎまわった外交官が、爆破テロ犯の濡れ衣を着せられる。そんな中で新たなテロ計画を阻止しようと奮闘するお話。ミラ・ジョヴォヴィッチとピアース・ブロスナンのバディムービーかと思ってたんだけど、2人は敵対関係。ブロスナンが悪役。国を跨いだテロというスケールの大きい題材を扱っている割に、なんとなくストーリーは物足りなく感じた。なんだろう、見せ場が無いのかな、とにかく物足りない。あれだけ任務をスマートにこなしたかつての007も、もうさすがにおじいちゃんだね。ミラ・ジョヴォヴィッチは相変わらず美人。配役は逆でも面白かったかもね。

[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル2』

ホステル2スクリーンショット

ホステル2 原題『Hostel: Part II』


ローマに留学しているアメリカ人女子大生ベス、ホイットニー、ローナの3人は旅行を計画しプラハへ向かう。しかし、行きの列車の中で天然のスパの情報を聞きスロバキアへ行くことにする。

街のホステルに到着した3人はその日の夜、収穫祭に参加したもののローナが男性に誘われボートに乗り込んでしまう。翌朝になってもローナは帰ってこない。3人は自分達がホステルへ到着した時点でオークションにかけられていることなど知るはずもなかった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督イーライ・ロス 出演:ローレン・ジャーマン ロジャー・バート
ビジュー・フィリップス 時間:95分 映倫:R-18
★★★☆☆
今回はアメリカ人女子学生3人が餌食となる。前作の“拷問の場を提供するビジネス”を、組織の側からも描いているのが特徴。その分、目に見えないところへの恐怖というのは無くなった。今作もゴア表現はあれど、パワーアップはしていない。相変わらず痛々しいけど。純粋なスプラッターではなく、ミステリー要素も盛り込んだ感じ。シリーズの1作ではなく、また別のB級映画として考えると、わりとアリかも。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ザ・ガンマン』

タイトルスクリーンショット

ザ・ガンマン 原題『The Gunman』

アフリカ・コンゴ共和国。鉱山の利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加した元特殊部隊最強の暗殺者ジム・テリア(ショーン・ペン)。しかし完璧な狙撃で任務を遂行後、愛する恋人も何もかも捨て表舞台から姿を消し、血塗られた過去を贖うようにひっそりと生きていた。

それから数年後のある日、ジムは突然武装した男たちに襲撃される。やがて暗殺作戦に参加したかつての仲間が次々と殺されていることを知ったジムは、自分を襲った敵が何者なのかを突き止めるため、そして自ら生き残るために、過去と向き合い、再び銃を取る――。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ イギリス フランス 監督ピエール・モレル 出演ショーン・ペン ジャスミン・トリンカ ハビエル・バルデム 時間:115分
★★★☆☆
硬派なアクション映画といった感じで、シリアスなストーリーとショーン・ペンがよく似合うが、どこか面白みに欠けた。妙に複雑な設定が、娯楽映画の「気楽さ」を与えてくれないし、ユーモアもないので、しかめっ面でじーっとみる羽目になる。ピエール・モエル監督だったので期待したが、なんとも無難なアクション映画に仕上がっていた。
[ comment(0) │  trackback(0) ]