ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『イットフォローズ』新感覚ホラー

イットフォローズスクリーンショット

イットフォローズ 原題『IT Follows』


19歳のジェイは男と一夜をともにするが、その後、男が豹変。

縛り付けられたジェイは「“それ”に殺される前に誰かにうつせ」と命令される。“それ”は人にうつすことができる。“それ”はうつされた者にしか見えない。“それ”はゆっくりと歩いて近づいてくる。“それ”はうつし相手が死んだら自分に戻ってくる。そして、“それ”に捕まったら必ず死が待っている。

果たしてジェイは、いつ、どこで現れるかわからない“それ”の恐怖から逃げきることが出来るのかー。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督デヴィッド・ロバート・ミッチェル 出演マイカ・モンロー キーア・ギルクリスト ダニエル・ゾバット 時間:100分 映倫:R-15
★★☆☆☆
自分にしか見えない“それ”が近づいてくる。それ自体はものすごく怖くて、遠くの方からゆっくり歩いてくる“それ”は今までになかった感覚の怖さがある。でもその“それ”の設定がイマイチで、「他の人には見えない」けど、物理的な当たり判定はある模様、見えないけど応戦もできる、あれ?これただの透明人間じゃない?というよからぬ煽り文が頭に浮かぶ。ホラー映画特有のイライラ挙動も残念ながらてんこ盛り。斬新なシチュエーションという意味では良い、それくらい。無駄に深読みして個人的な思想を広げる人には良い映画に思えるかもしれない。ただ、BGMはすごく良い。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『X-ミッション』

X-ミッションスクリーンショット

X-ミッション 原題『Point Break』


以前アスリートだったFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が中心となっているアスリート犯罪集団への潜入捜査を開始する。

彼らには、卓越した能力を使って、犯罪行為を繰り返している疑いが掛かっていた。しかし、ユタは彼らと危険な行動を共にするうち、ボーディに対し信頼と友情を抱くようになり……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 中国 監督:エリクソン・コア 出演エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー テリーサ・パーマー 時間:114分
★★☆☆☆
『ハートブルー』('91)のリメイク。中国DMGエンターテインメントの出資もあって予算もたっぷり。でもあんまりおもしろくない。本作はFBIの設定がそもそもおまけ状態、エクストリームスポーツをとにかく格好良く撮ろうとするのはわかるし、ものすごい映像美なんだけど、そっち優先しすぎてストーリーに全く面白みがない。アクション映画としてもね。無駄にお金掛かっている印象。“オノ・オザキ”とか“オザキ8”とかもうクサすぎて、どっかのアクションチームのPVを見ている感じだった。映像はすごいのよ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル3』

ホステル3スクリーンショット

ホステル3 原題『Hostel: Part III』


主人公の結婚前の“独身さよならパーティ”として、カーターら男友達4人はラスベガスで落ち合う。 彼らがギャンブルを楽しんでいる最中、セクシーな女性2人に誘われ、カーターら4人は現地のタクシーで、あるプライベート・パーティに参加する。

パーティで行方不明になったマイクに会うためホステルへ向かうと拉致されたどり着いた先が、人が人を拷問し殺すことが出来る、会員制の“エリート・ハンティング・クラブ”だったー。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国:アメリカ 監督:スコット・スピーゲル 出演キップ・パルデュー ブライアン・ハリセイ
ジョン・ヘンズリー 時間:88分 映倫:R-18
★★☆☆☆
映画全体の作りや雰囲気が大きく変わった。今回はラスベガスにやって来た青年達がターゲットとなる。まあとにかく色々と安っぽい。怖くもない。残虐性、暴力描写が強烈になるかと期待したが、そんなこともない。後半はアクション映画のようで、なおかつ予想外の展開があったりと、これはあの「ホステル」の続編なのか?と、何を見ているのかわからなくなるような内容。でも意外とラストはすっきり。おすすめはしない。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『パージ』 1年に1度犯罪が許容される日

パージスクリーンショット

パージ 原題『The Purge』


1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる“パージ"の日。ジェームズ・サンディン(イーサン・ホーク)は妻、娘、息子とともに“パージ"の夜を完璧なセキュリティの家で平穏に過ごすはずだった。

しかし、“パージ"開始直後にターゲットとなった一人の男を家に匿ったことで暴徒と化した市民から一家全員の命が狙われてしまう。緊張に満ちた12時間が今、始まる。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:アメリカ 監督ジェームズ・デモナコ 制作マイケル・ベイ 
出演イーサン・ホーク レナ・ヘディ アデレイド・ケイン 時間:85分 映倫:R15+
★★☆☆☆
1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる近未来アメリカ。設定はすごく面白いが、今作の舞台はとある豪邸の中だけと、スケールが非常に小さい。外部から攻撃してくるイカれた連中を家の中に入れまいとする、という流れなんだけど、団結力の無い家族含め、登場人物全員の頭が悪く、イライラさせられる場面が何度もある。とにかく単独行動の好きな人たちばかり。全体的にモヤモヤしながら展開していくので、いわゆる『見た感』『満足感』はない。続編はかなり面白かったので、設定だけ理解して続編だけみるのもおすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『道化死てるぜ!』ピエロの復讐

道化死てるぜ!スクリーンショット

道化死てるぜ! 原題『STITCHES』

リチャード・グリンドルは、ワンパターンで退屈な、子供たちの誕生日パーティーでの道化師仕事にうんざりしていた。今日も、トミー少年とやらの誕生日パーティーのお仕事だ。

道化師のつまらない芸に、落ち着きのない子供たちは芸の邪魔をして大喜び。子供たちのいたずらはエスカレートし、それが原因で道化師は不慮の事故で絶命してしまう。

6年後。彼らは成長し、反抗的な少年たちに育っていた。あの忌まわしい事故以来となる、トミーの16歳の誕生パーティーを準備中だ。 パーティーが始まり、唯一の招かれざる客、道化師グリンドルが姿を現す。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2012年 制作国:アイルランド 監督:コナー・マクマーン 出演:ロス・ノーブル トミー・ナイト ジェマ・デヴェロー 時間:86分 映倫:R-18
★★☆☆☆
悪ガキに誤って殺されてしまったピエロが、生き返って復讐するお話。
R指定だしスプラッター目当てで観たんだけど、何というかただただ汚い。ピエロのキャラを生かした殺し方はサイコキラーの中では個性的でバラエティ豊かだけど、特に目新しいものでもなく拍子抜け。変に期待しすぎたかな。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ミュータント・ワールド』

ミュータントワールドスクリーンショット

ミュータント・ワールド 原題『Mutant World』

地球探査グループは、ある日、地球滅亡クラスの被害が予想される巨大隕石の落下を傍受。仲間を連れ立って格納庫に避難するが、リーダーのマーカスが逃げ遅れ、消息を絶ってしまう。

そして10年後、なんとか生き延びたマーカスの娘メリッサら数名は、大きな地震によって太陽電池が故障したことから、地上調査に踏み切ることにする。だが、外は氷河期のような寒さに包まれ、凶暴な突然変異体“ミュータント“に支配されていた。

父の血を受け継ぐメリッサは強烈なリーダシップを発揮し、彼らの攻撃に立ち向かう・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:カナダ 監督デヴィッド・ウィニング 出演キム・コーツ ホリー・デヴォー 時間:82分
★★☆☆☆
B級映画なのは重々承知だけど、なんかいろいろと歪んだ固定観念にとらわれすぎ。“隕石の衝突によって人類壊滅”って設定は良いんだけど、“人類壊滅”って設定からなぜお決まりのように地上には放射線、人を食べるミュータント、ということになるのか。正直隕石なんぞ全くもって関係なく、“核戦争後”とかバイオハザードのような“パンデミック後”という設定でも成り立つストーリー。むしろそのどちらかのほうがしっくりくる。映像や全体的なクオリティはよくあるB級映画といった感じ。厳密にはテレビ映画なのかな。面白くはなかった。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ウェイストランド』 期待しすぎに注意!

ウェイストランド

ウェイストランド 原題「WASTELAND」

2012年 イギリス

監督 ローワン・アトリー
出演 ルーク・トレッダウェイ イワン・リオン マシュー・ルイス

ハーヴェイは、警察の取調室で尋問を受けていた。
容疑は強盗事件とドラック売人のスティーヴンの殺人未遂。

時を遡って6週間前。ハーヴェイは友人3人と出所祝いをしていた。
ハーヴェイは冤罪で懲役刑を受けたのだ。自分を陥れたスティーヴンへの復讐のための強盗計画。

それは、ほんのトラップの一部に過ぎなかった・・・。

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 映画『ウェイストランド』 期待しすぎに注意! のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『インシディアス』 怖いのはそう、音!


インシディアス

インシディアス 原題「Insidious」

2011年 アメリカ

監督 ジェームズ・ワン
出演 パトリック・ウィルソン ローズ・バーン タイ・シンプキンス

ルネと夫のジョシュは3人の子供たちと共に新居に引っ越してくる。ところが、引越し後間もなく、おかしな現象が起き始める。屋根裏から不審な音、勝手に配置が変わる物、赤ちゃん用のモニターから聞こえてくる謎の声。

そんな時、小学生の息子ダルトンがはしごから落ちて昏睡状態に陥ってしまう。家族はすぐにこの家から引っ越すが、既に見えない“何か”は家でなくジョシュたち家族を狙っていた・・・。

原因不明の昏睡状態のダルトンに医者もお手上げ状態に。霊媒師や牧師まで呼び出しルネとジョシュはあらゆる手を尽くしてみるが、状況は悪化の途をたどるばかりだった。

“何か”は着実に彼ら一家に近づきつつあった。”何か“の狙いとはいったい・・・?

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 映画『インシディアス』 怖いのはそう、音! のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]