ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『プレデター』なんと…醜い顔なんだ

プレデタースクリーンショット

プレデター 原題『Predator』


捕虜となった政府要人を救出するため、南米のジャングルに派遣されたシェイファー率いるコマンド部隊。捕虜奪取に成功した彼らに突如何物かが襲いかかる。

その手口は残虐非道で胴体は消え、血痕もなく、内臓だけが残された。シェイファーが見た敵の正体は宇宙から来た凶悪肉食獣=プレデターだった!

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1987年 制作国:アメリカ 監督ジョン・マクティアナン 出演アーノルド・シュワルツェネッガー カール・ウェザース エルピディア・カリーロ 時間:107分
★★★★☆
救出隊としてジャングルに派遣された部隊、そこには得体の知れない何かが。という流れ。中盤まではSFホラー的な演出が効いていて、仲間が殺られていく恐怖や、それがどこからともなく襲い掛かってくるスリルが楽しめる。全体的にアクションシーン多めで、序盤のゲリラとの銃撃戦は見もの。SFサバイバルアクションとも言える。とにかく“シュワちゃん頑張って”といった内容だが、あまりにも屈強なイメージが強すぎるゆえ、肉弾戦での緊張感はあまり無い。『コマンドー』('85)同様に、吹き替えによる数々の名言が生まれた一作。意外とBGMもよかったりするからよく聞くべし。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ダイ・ハード』言わずと知れた名作

ダイ・ハードスクリーンショット

ダイ・ハード 原題『Die Hard』


クリスマス・イブの夜、LAのハイテクビルを最新兵器で武装した謎のテロリスト集団が襲った! 

彼らの要求を拒んだ重役達は即座に射殺。なすすべも無く怯える人質たち。

ビルの中にいた非番警官ジョン・マクレーンは外部との連絡が一切遮断された中、ただ一人、命をかけた闘いを挑んだ!

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1988年 制作国:アメリカ 監督ジョン・マクティアナン 出演ブルース・ウィリス アラン・リックマン ボニー・ベデリア 時間:131分
★★★★★
言わずと知れた名作。これを見ないでアクション映画は語れない。舞台はLA。クリスマスパーティに招待されたNY市警の刑事が、テロリストらに一人立ち向かっていくお話。スタローンやシュワちゃんといったマッチョボディの主人公が活躍するのが一般的だったアクション映画のジャンルに新たな風を吹かせた映画。劣勢の主人公がが徐々に悪役側を追い詰めていく流れが当時としては斬新であり一躍ヒットとなった。何度も見たくなるアクション映画。個人的にシリーズの中では2番目に好き。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『L.A.コンフィデンシャル』

L.A.コンフィデンシャルスクリーンショット

L.A.コンフィデンシャル 原題『L.A. Confidential』


縄張り争いが激化する'50年代のロサンゼルス。街のコーヒーショップで元刑事を含む6人の男女が惨殺される事件が発生した。殺された刑事の相棒だったバドが捜査を開始。

殺された女と一緒にいたブロンド美女リンに接近する。彼女はスターに似た女を集めた高級娼婦組織の一員だった。

同じ頃、その組織をベテラン刑事のジャックが追っていた。野心家の若手刑事エドも事件を追い、容疑者を射殺。事件は解決したかに見えたが、彼ら3人は底なしの陰謀に巻き込まれていく。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1997年 制作国:アメリカ 監督カーティス・ハンソン 出演ケヴィン・スペイシー ラッセル・クロウ ガイ・ピアース 時間:138分
★★★★★
刑事もの。とにかく出演している俳優陣が皆ものすごくかっこ良い。ストーリーは一貫して事件の捜査であるが、その深さが見どころ。解決したかに思えた事件、しかしその真相はという流れで、見ている側も一緒に捜査しているかのような気分になる、そういった面白さもある。笑って泣けるというような娯楽映画ではないが、サスペンスとしてしっかり楽しめる、そんな映画。今となっては思い出補正も効いてくるかもしれないが、とりあえず見ておくべき一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『アルマゲドン』

アルマゲドンスクリーンショット

アルマゲドン 原題「Armageddon」

テキサス州と同じ大きさの巨大アステロイド(小惑星)が、時速35,000キロのスピードで地球に接近していた。衝突すれば確実に地球は全滅する。

人類が生き残る方法は唯ひとつ。小惑星の地下深くで核爆発を起こし、その軌道を変えるのだ。このミッション遂行のため選ばれたのは、6人の宇宙飛行士と、8人の石油採掘のプロフェッショナル達だった。

残された時間はあとわずか。終焉へのカウントダウンの中、彼等は全人類の希望を背負いついに宇宙へと旅立った・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1998年 制作国:アメリカ 監督マイケル・ベイ 出演ブルース・ウィリス ベン・アフレック リヴ・タイラー 時間:150分
★★★★★
ジェリー・ブラッカイマー制作、マイケル・ベイ監督というアクション映画コンビが放つ、宇宙パニックスペクタクル。
地球に迫る小惑星を破壊すべくという内容だが、娯楽色が強く小難しいひねりもないので、誰もが楽しめる内容となっている。それゆえ評論家からボロカスに批判されることが多い。確かに突っ込みどころはあるが、純粋に笑って泣ける映画を観たいならコレ、と言っても良い。それほど名作。
主題歌『I Don't Want To Miss A Thing
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『コマンドー』筋肉モリモリマッチョマンの変態

commando.jpgcapture-20150822-122950.jpg

コマンドー 原題「Commando」

かつて特殊部隊のリーダーだった男の娘が誘拐された。

敵の目的は、彼の殺人能力で某国の首相を暗殺すること。だが男は飛行機から密かに脱出!

その事実が敵に発覚する前に、巨大な悪の軍団のアジトを探し出し、たった一人潜入した!

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1985年 制作国:アメリカ 監督マーク・L・レスター 出演アーノルド・シュワルツェネッガー レイ・ドーン・チョン ヴァーノン・ウェルズ 時間:92分
★★★★☆
娘を救出すべく戦うパパのお話。アクション映画がお好き?結構。ではますます気になりますよ。
かなり単純なストーリーで、アクションあり、笑いあり、突っ込みどころありで、とりあえず観ておくべき映画のひとつと言っても良い。平田勝茂氏による吹替翻訳によって数々の名言が生まれた作品、鑑賞はぜひ日本語吹替音声で。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

ミッションインポッシブルゴースト・プロトコル

ミッションインポッシブル ゴースト・プロトコル 原題「Mission: Impossible – Ghost Protocol」

2011年 アメリカ

監督 ブラッド・バード
出演 トム・クルーズ ポーラ・パットン ジェレミー・レナー ほか

ロシアの中枢クレムリンが何者かによって爆破され、その容疑がイーサン・ハントのチームにかけられる。
米大統領は国家としての関与を否定すべく“ゴースト・プロトコル”を発令。彼らの所属する極秘諜報機関IMFは存在を抹消されてしまう。

政府や組織の後ろ盾を失い孤立無援となったイーサンたちは、独力で事件の黒幕をつきとめ、さらなるテロを未然に防ぐという、限りなく不可能に近いミッション遂行を余儀なくされる…

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『消されたヘッドライン』

消されたヘッドライン スクリーンショット

消されたヘッドライン  原題『State of Play』


気鋭の国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く聡明で美しい女性職員、ソニア・ベーカー(マリア・セイヤー)が出勤途中の地下鉄で突然死亡する。スティーヴンと不倫関係にあったソニアの死は、メディアを大きく騒がせていた。

一方、カル(ラッセル・クロウ)たちはドラッグ中毒の黒人少年が、裏通りで何者かに射殺された事件を追っているが、一見何の関係もないと思っていた2つの事件がつながる…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督ケヴィン・マクドナルド 出演ラッセル・クロウ ベン・アフレック レイチェル・マクアダムス 時間:127分
★★★★☆
ラッセル・クロウ演じる新聞記者が、2つの事件の関連性と真実を暴き、巨大な陰謀を突き止める。というお話。前半の映画に引き込まれるような造りはすばらしい。そして何よりラストのどんでん返しが良い。盛り上がるタイプではなく、「マジかよ…」と完全に引っかかってしまった。警察組織の物語ではなく、新聞記者というところがまたよい味を出している。無茶はできないし、そういった立場であるからこそ手に汗握るハラハラドキドキ感を生んでいる。真相に向かって着実に展開していき、見ている側を飽きさせることはない。良作ミステリーサスペンス、おすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]