ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『ワイルド・スピードX2』日本車へのこだわり

タイトルスクリーンショット

ワイルド・スピードX2 原題『2 Fast 2 Furious』


逃走中の元警官ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)がストリートレースで驚異的なスピードと運転を再度披露。

彼のドライビングテクニックに目をつけたアメリカ政府は、国際的な麻薬王の摘発にブライアンを採用し、囮捜査官として犯罪組織に潜入させる。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2003年 制作国:アメリカ 監督ジョン・シングルトン 出演ポール・ウォーカー タイリース・ギブソン コール・ハウザー 時間:107分
★★★★☆
舞台はフロリダ州マイアミ。LAでの一件で刑事をやめた主人公ブライアンだったが、その腕を買われ、FBIの潜入捜査に協力させられる。そんなストーリー。新たに登場するブライアンの旧友ローマンとブライアンの息がピッタリで、ボケとツッコミのような相乗効果で映画をより面白くしている。チューンナップされた日本車が数多く登場し、BNR34には惚れ惚れ。カーアクションも素晴らしい。マイアミの雰囲気と改造された日本車っていうのがまた絶妙で、派手なカラーペイントがよく映える。なんというか、安心して見られる映画。個人的には1作目より好き。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』カーアクション超大作

ワイルド・スピード MEGA MAXスクリーンショット

ワイルド・スピード MEGA MAX 原題『Fast Five』

いまや前科者のドミニクと共にお尋ね者として追われる身となってしまった元FBI捜査官のブライアン。ドミニクと彼の妹ミアと一緒にブラジルに身を隠し、逃亡生活を送る日々。

彼らはそんな生活から抜け出し、もう一度自由を手に入れるべく、リオの裏社会を牛耳る黒幕レイエスを相手に1億ドルを強奪するという壮大かつ無謀な賭けに出る。そして、その計画を実現させるため、かつての仲間たちを招集する。

そんな中、ドミニクとブライアンの逮捕に執念を燃やす捜査陣営は、世界を股に掛けるDSS(外交保安部)の最強捜査官ホブスをブラジルに送り込むのだったが…。

allcinemaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国:アメリカ 監督ジャスティン・リン 出演ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ドゥエイン・ジョンソン 時間:130分
★★★★★
舞台はブラジル。シリーズに登場した主要キャラクターが一挙に集い、これまで作り上げてきた設定や、ストーリー、すべてを結集させた超大作カーアクション映画。前作のラスト直結で、冒頭から激しいカーアクションを魅せてくれる。
チームで協力し強盗計画を練っていく個人的に大好きなシナリオパターンで、あれこれ試行錯誤する様子は見ていて楽しい。新たにドウェイン・ジョンソン演じるホブスというキャラが加わるが、各キャラの性格や役割をしっかり描いているのはすごい。とにかく派手で斬新なカーアクションがてんこ盛りで、最後の最後まで気分を高めた状態で見られる。破壊系アクションメインで、いわゆるカーレースというのはすっかり無くなったが、シリーズの人気をさらに高めた一作なのは間違いない。おすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』ラストシーンに涙

ワイルド・スピード SKY MISSIONスクリーンショット

ワイルド・スピード SKY MISSION 原題『Fast & Furious 7』

巨大な犯罪組織を率いていたオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)一味を撃破し、彼から恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)を取り戻したドミニク(ヴィン・ディーゼル)。

ロサンゼルスへと戻った彼は、相棒のブライアン(ポール・ウォーカー)や妹のミア(ジョーダナ・ブリュースター)らと平穏な毎日を過ごしていた。

しかし、オーウェンの兄である特殊部隊出身の暗殺者デッカード(ジェイソン・ステイサム)が復讐(ふくしゅう)を開始し……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督ジェームズ・ワン 出演ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ドゥエイン・ジョンソン 時間:138分
★★★★★
3作目から監督を務めてきたジャスティン・リンが降板し、『SAW』のジェームズ・ワンにバトンタッチ。今作も見せ場が多く、前作同様、奇想天外なアクションシーンのオンパレード。ブライアンもパパとしての生活を始めたりと、登場人物たちの成長も描かれている。純粋なスーパーカーから、カスタマイズされたマッスルカーまで、様々な車が登場。極上のアクションエンターテイメント作品である。一作目から主人公として活躍してきたブライアンことポール・ウォーカーが交通事故により帰らぬ人となったため、ある程度の改変が加えられた。シリーズを見てきた人にとって、ラストシーンは鳥肌ものであろう。泣ける。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ダイ・ハード』言わずと知れた名作

ダイ・ハードスクリーンショット

ダイ・ハード 原題『Die Hard』


クリスマス・イブの夜、LAのハイテクビルを最新兵器で武装した謎のテロリスト集団が襲った! 

彼らの要求を拒んだ重役達は即座に射殺。なすすべも無く怯える人質たち。

ビルの中にいた非番警官ジョン・マクレーンは外部との連絡が一切遮断された中、ただ一人、命をかけた闘いを挑んだ!

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1988年 制作国:アメリカ 監督ジョン・マクティアナン 出演ブルース・ウィリス アラン・リックマン ボニー・ベデリア 時間:131分
★★★★★
言わずと知れた名作。これを見ないでアクション映画は語れない。舞台はLA。クリスマスパーティに招待されたNY市警の刑事が、テロリストらに一人立ち向かっていくお話。スタローンやシュワちゃんといったマッチョボディの主人公が活躍するのが一般的だったアクション映画のジャンルに新たな風を吹かせた映画。劣勢の主人公がが徐々に悪役側を追い詰めていく流れが当時としては斬新であり一躍ヒットとなった。何度も見たくなるアクション映画。個人的にシリーズの中では2番目に好き。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ダイ・ハード3』

ダイ・ハード3スクリーンショット

ダイ・ハード3 原題『Die Hard: With a Vengeance』


N.Y.の5番街。朝の買い物客で賑わうデパートが突然爆破された!

サイモンと名乗る爆弾テロリストが爆破場所を地下鉄、小学校と次々に指定し、N.Y.市民を巻き込んだ爆破計画を敢行する。

その予告爆破を阻止すべく、またまた“あの男が立ちあがった!

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1995年 制作国:アメリカ 監督ジョン・マクティアナン 出演ブルース・ウィリス ジェレミー・アイアンズ サミュエル・L・ジャクソン 時間:128分
★★★★★
舞台を1作目2作目のクリスマスの夜から、真夏のニューヨークという全く別物に変更。シリーズの統一性が一気に消えた作品。今作から「敵に一人立ち向かっていく主人公」ではなく、二人で行動する「バディムービー」となった。今作はとにかくドンパチが多く、いろいろとつめ込まれている印象で、アクション映画の中に謎解きという要素を盛り込んだのもおそらくこの辺りからではなかろうか。シリーズでは一番好き。雰囲気が好き。なぜか何度見ても面白いしワクワクできる。ノンストップアクションで一気に観せる手腕はお見事で、飽きさせない。おすすめ。
OP曲『SUMMER IN THE CITY
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『キングスマン』

キングスマンスクリーンショット

キングスマン 原題『Kingsman: The Secret Service』


ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:イギリス 監督マシュー・ヴォーン 原作マーク・ミラー 出演タロン・エガートン コリン・ファース サミュエル・L・ジャクソン 時間:129分 映倫:R-15
★★★★★
原作も監督も『キックアス』('10)と共通していて、なんかもう見る前から面白いだろうなと予想できた。
いろんなスパイ映画の良いとこ取りをしたようなストーリーと演出、スタイリッシュさを兼ね備えていた。特にアクションシーンが素晴らしく、ありがちなカットカットを繋いでそれっぽく見せる手法ではなく、滑らかなワンカット風に仕上げてあって、そこに必然的に加わる臨場感も素晴らしい。R指定であるため描写に遠慮がなく、人の腕や頭は簡単に飛ぶ。それをブラックユーモアの形で描いていて、かといって下品ではなく、真面目にふざけている、そんなイメージ。イギリススパイの代名詞ジェームズ・ボンドに匹敵するスマートさと、007では見られないブラックユーモアを盛り込んだ、最高のスパイ映画だった。教会での乱闘シーンは圧巻。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『リンカーン弁護士』

リンカーン弁護士スクリーンショット

リンカーン弁護士 原題『The Lincoln Lawyer』


高級車リンカーンの後部座席をオフィスにL.A.中の法廷を駆けめぐるミック・ハラーは、金次第で麻薬売人や売春婦の容疑を晴らす敏腕弁護士。
ある日、資産家の御曹司ルイス・ルーレが女性への殺人未遂容疑で告発され、弁護を担当することに。楽勝で高額な報酬にありつけると勇むミックだったが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国: 監督ブラッド・ファーマン 出演マシュー・マコノヒー ライアン・フィリップ ウィリアム・H・メイシー 時間:119分 映倫:G
★★★★★
今まで数ある弁護士、法廷モノを見てきたけど、かなり面白かった。いろんな方向へ話が伸びていくんだけど、それらが徐々につながっていく感じがたまらなく心地よい。頭が混乱するような複雑さは無く、それでいてテンポも良い。なおかつ最後の最後まで物語が詰まっているトッポ設計。キャストも豪華で、「この人見たことある」な、名脇役と言える俳優たちが映画全体を引き立てている。おすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】リミットレス

リミットレススクリーンショット

リミットレス 原題『Limitless』


作家志望のエディは、元妻の弟から通常は20%しか使われていない脳の力を100%活性化する新薬NZT48を渡される。疑いながらも服用した30秒後、エディの頭は劇的に覚醒。一晩で傑作小説を書き上げる。

あらゆる力を吸収したエディは、やがてビジネス界に進出。ウォール街で伝説的な投資家カールと手を組み、ハイスピードで富と権力を手に入れる。だが、そんな彼を待っていたのは、NZT48を巡る泥沼の争いと恐ろしい副作用だった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国:アメリカ 監督ニール・バーガー 出演ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ アビー・コーニッシュ 時間:105分 映倫:G
★★★★☆
普段人間の脳は20%ほどしか使われていないという。そんな中、もし100%の力を発揮できる手段を見つけたら、というSFサスペンス。105分とは思えないほど内容が詰まっており、なおかつ魅せ方、視覚的な演出が上手く、展開も早い。脳をテーマにしたストーリーは取っ付きやすく、個人的にも好きな部類なのですごく楽しめた。謎解きなどの要素はないが、ハラハラさせられるような展開、心理的な駆け引きなどがあり、その類が好きな人にもおすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]