ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『エンド・オブ・キングダム』

エンド・オブ・キングダムスクリーンショット

エンド・オブ・キングダム 原題『London Has Fallen』


イギリスの首相が謎の死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀にアメリカ合衆国大統領ベンジャミン(アーロン・エッカート)が出席することに。2年前にテログループによるホワイトハウス陥落に立ち向かったシークレットサービスのマイク(ジェラルド・バトラー)も彼を護衛するために同行する。

各国首脳がロンドンへと結集する中、彼らをターゲットにした同時多発テロが発生。歴史的建造物が次々と崩壊し、犠牲者が続出する。マイクとベンジャミン大統領は世界を混乱から救おうと立ち上がるが……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2016年 制作国:アメリカ 監督:ババク・ナジャフィ 出演ジェラルド・バトラー アーロン・エッカート モーガン・フリーマン 時間:99分
★★★★★
エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。ストーリーの繋がりは特になし。テロリストら相手に大統領とその護衛が奮闘するお話。ストーリーはすごくあっさりしていて、各国の首相らが殺害されるとんでもない大事件のわりに、それについての深掘りはなく、とにかくテロリストぶっ殺すというスタンスで話は進み、ひたすらアクションが繰り広げられる。アクションシーンの見せ場が多く、終盤のノーカット約3分の銃撃戦はスタイリッシュかつド迫力。銃器類の描写も素晴らしい。ジェラルド・バトラー演じる主人公マイクがセガール並みに屈強になっており、テロリストを煽ったりと怖いもの知らず。アクション映画として完成度が高く、前作の良いところをしっかり踏襲した仕上がり。逆にアクション映画が好きじゃないと楽しめない内容でもあるから人に勧める時に注意したい感じ。個人的には好み。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『プリデスティネーション』鶏が先か、卵が先か

プリデスティネーションスクリーンショット

プリデスティネーション 原題『Predestination』


1970年11月6日、ニューヨーク。場末のバーに現われた青年ジョンは、バーテンダーの男に自らの数奇な身の上を語って聞かせる。青年の告白に同情したバーテンダーは、あることを条件に、彼に復讐のチャンスを与えると提案、2人で7年前へとタイムスリップする。

なんと、バーテンダーは未来から来た時空警察のエージェントだったのだ。彼は1970年のニューヨークで市民を震撼させている連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行阻止を最後のミッションと決め、引退する自分の後釜にジョンを据えようとしていたのだが…。

allcinemaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:オーストラリア 監督マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演イーサン・ホーク サラ・スヌーク ノア・テイラー 時間:97分 映倫:R-15+
★★★★★
タイムトラベルもの。時空を行き来するエージェントが過去へ飛び、連続爆弾魔の犯行をなんとか阻止しようとするお話。一応それが大筋というかひとつの目的。しかし本作の面白いところはそこじゃない。もっと複雑で極上の、驚きの展開が待っている。脚本の仕上がりも良くて「別の時間軸の話だから~」というよくあるパラレルワールドに頼っていないプロットが素晴らしい。すべての出来事はひとつの時間軸で起こるべくして起きる。鑑賞後は頭の中でサーキットのごとくストーリーがぐるぐると周回を始める。「あれがこうだから、ここに繋がって、ふむふむ」といった具合にタイムトラベルものならでは楽しさもある。映像も綺麗だし、物語に引き込むワクワクさせるような演出が巧み。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ザ・シューター/極大射程』

ザ・シューター/極大射程スクリーンショット

ザ・シューター/極大射程 原題『Shooter』

アフリカのエリトリアで偵察任務に就いていた米海兵隊の敏腕狙撃手ボブ・リー・スワガー。だが、その攻防で援軍に見捨てられ、相棒のドニーが命を落としてしまう。3年後、スワガーは一線を退き、愛犬サムとワイオミングの山中で隠遁生活を送っていた。

そんなある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領に対して暗殺計画が浮上し、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請されるのだった。やがて、その都市をフィラデルフィアに絞り、現場で監視にあたるスワガーだったが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督アントワーン・フークア 制作ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 出演マーク・ウォールバーグ マイケル・ペーニャ ダニー・グローヴァー 時間:124分 映倫:PG-12
★★★★☆
大使暗殺の濡れ衣を着せられた元海兵隊スナイパーが、陰謀を暴くべく奮闘するお話。アクション映画として完成度が高く、アクション好きのツボをしっかり押さえている。目的に対して試行錯誤する、調査を進めるというストーリーはありがちかもしれないが、本作のみどころはその見せ方。登場する銃器や兵器、警察車両へのこだわり、そしてなにより映像が綺麗。そこから生み出されるリアリティやハードボイルドな雰囲気。これこそアントワーン・フークアの得意技といったところ。アクション映画好きには是非とも見てもらいたい一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ラッキーナンバー7』

ラッキーナンバー7スクリーンショット

ラッキーナンバー7 原題『Lucky Number Slevin』


仕事をクビ、彼女の浮気、事件でアパートが閉鎖、と史上最悪な1日を過ごしたスレヴン。

友人ニックの家を間借りすることにした彼は、借金の取立てにやってきたギャングにニックと勘違いされマフィアの“ボス"の元に連れて行かれる。

さらに“ボス"と敵対するマフィアのトップ“ラビ"にも目を付けられ…!?度重なる“偶然"の不運。しかしそれは何者かに仕組まれた完璧なる計画だった…!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2006年 制作国:アメリカ 監督ポール・マクギガン 出演ジョシュ・ハートネット ブルース・ウィリス ルーシー・リュー モーガン・フリーマン 時間:111分 映倫:R-15
★★★★☆
いきなりブルース・ウィリスの語りかけから始まり、何もかも「?」な状態でしばらく話が進んでいく。とりあえずその状況を飲み込んで、見ているうちにすべてが繋がっていく。「?」だった部分が徐々に明らかにされていく感じがとても心地よい。すべてがひっくり返るようなどんでん返しではないが、「なるほど、そーいうことね」としっかり理解させてくれるのがこの映画のよいところ。アクション映画ではなくて、コメディ要素の入ったミステリー映画といった感じ。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』

コードネーム U.N.C.L.E.スクリーンショット

コードネーム U.N.C.L.E. 原題『The Man from U.N.C.L.E.』

あと数日で世界は謎の組織の手に落ちる!各国の首脳にそんな情報が駆け巡った。スパイ史上あってはならない禁じ手だが、宿敵同士の2大国家アメリカとロシアが手を結ぶしかない。

CIAで最も有能だが女性関係に問題アリのナポレオン・ソロと、KGBに史上最年少で入った超エリートだがメンタルに問題アリのイリア・クリアキンが選ばれ、キャリアは最強・相性は最悪のスパイチームを結成。

タイムリミットが迫るなか、世界を救いつつ相手も殺せと究極の指令を受ける2人。キャラも作戦も真逆な彼らが、金と頭脳と悪を結集させた史上最大の敵を倒すことは出来るのか──?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ イギリス 監督ガイ・リッチー 出演ヘンリー・カヴィル アーミー・ハマー 
アリシア・ヴィキャンデル 時間:116分
★★★★★
スパイモノ。舞台は60年代。冷戦まっただ中、CIAとKGBのエージェントがタッグを組む。明るい雰囲気でジョークも交え、クスッと笑える演出が多く、楽しく見られる。スパイものとしても完成度が高く、ストーリーもひねりがあって面白い。これぞ映画だよねと言いたくなるような、観客を楽しませてくれる作品。キャストも良い。各国人の性格、特徴などを色濃く描写していて、その辺から生まれる独特のユーモアもみどころ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『DENGEKI 電撃』セガールアクション

電撃スクリーンショット

DENGEKI 電撃 原題『Exit Wounds』

向こう見ずな熱血刑事オーリン・ボイド。数々の問題を起こした彼は、ついに犯罪無法地帯にある15分署へ飛ばされる。

そこで女性上司に命じられたのは、感情克服セミナーに通うことだった。ある夜、ボイドは麻薬取引の現場に遭遇、格闘の末ひとりを捕まえるが何と相手は囮捜査中の仲間。この不始末で交通整理係にまで降格する。

そんな中、警察保管庫から押収ヘロインが強奪される事件が発生。ボイドは事件の鍵を握る男ラトレルに接近するが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2001年 制作国:アメリカ 監督アンジェイ・バートコウィアク 制作ジョエル・シルバー 出演スティーヴン・セガール DMX アンソニー・アンダーソン トム・アーノルド 時間:101分
★★★★☆
DMX三部作と言われる、「ロミオ・マスト・ダイ」「ブラック・ダイヤモンド」「DENGEKI 電撃」のひとつ。セガール主演だが、本作ではやたら空回りしてしまう典型的なはみ出し警官役。いつもの敵をなぎ倒す強さは健在。難しく考えずに見られる王道アクション映画といった感じで、銃撃戦、カーチェイス、肉弾戦といった基本的なアクションはしっかりおさえている。プチどんでん返しもあったりしてストーリーも悪くない。HIPHOPがくどい気もするが、三部作の中では一番好き。楽しく見られる作品。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『オデッセイ』火星で生き抜く術

オデッセイスクリーンショット

オデッセイ 原題『The Martian』


火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。

空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督リドリー・スコット 出演マット・デイモン ジェシカ・チャステイン クリステン・ウィグ 時間:141分
★★★★★
スペースサバイバルモノの中でも、明るい気分で楽しく見られる作品。ハプニングはあれど、絶望感は無く、ユーモアもあって、それでいてハラハラドキドキ見られる映画。ご都合主義な展開が多いので、いわゆる“映画評論家”には批判されそうな感じ。時折流れる70年代ミュージックが映画をより引き立てている。エンターテイメント作品としては素晴らしい仕上がりなので、誰しもにおすすめしたくなる、そんな映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ワイルド・スピード』車好きのあなたへ

ワイルド・スピードスクリーンショット

ワイルド・スピード 原題『The Fast and The Furious』

L.A.では深夜、若者たちが大金を賭けたストリート・カー・レースに熱狂していた。ドミニクは仲間たちから一目置かれる天才ドライバー。彼はレースを挑んでくる無謀な連中を相手に1度のレースで1万ドルを稼ぎ出す。

そんなある夜、ブライアンという新顔がやって来る。彼もまたドミニクに負けない驚異のドライビングテクニックを披露、ギャラリーの注目を集める。しかし、誰も彼が警察官だとは想像もしなかった。ブライアンは実は、最近多発している高級品を積んだトラックがハイスピード状態のままジャックされるという事件を追って、潜入捜査を行っていたのだった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2001年 制作国:アメリカ 監督ロブ・コーエン 出演ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ジョーダナ・ブリュースター 時間:106分
★★★★☆
ストリートレース、NOS、など、ノリノリの音楽が似合う世界での潜入捜査を描いたカーアクション映画。主人公のおとり捜査官ブライアンの成長、奮闘を見るお話。カーアクションをメインに話は進むが、潜入捜査の中で生まれる主人公はじめ、登場人物それぞれの人間関係が色濃く描写され、車自体に興味がなくても濃い目のアクション映画として楽しめる内容。走行シーンにCGがほとんど使われていないので、各シーンの臨場感がすごい、終盤のトレーラー襲撃シーンが見モノ。これまでのエンジン排気量やトルク命だったカーアクション映画から、制御系へのこだわりを大きく描いた、新たなカーアクションのジャンルを築いた一作。おすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]